「ダイの大冒険」第8話、クロコダインの“獣王痛恨撃”がド迫力! 視聴者「凄まじい威力」

 アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」第8話では、クロコダイン(CV; #前野智昭 )が最強技・獣王痛恨撃を繰り出した。「百獣魔団」の軍団長の圧倒的なパワーに、ダイと同じく視聴者も圧倒させられたようだ。

 前回の第7話「マァムの想い」では、アバン(CV:櫻井孝宏)の名台詞「正義なき力が無力であるのと同時に、力なき正義もまた無力」が登場し、かつての #少年少女 たちが「一番好きな名言きた!」「後世に語り継ぎたい名言だわ」「原作当時から未だにずっと心の奥に深く刻まれてるもん」「大人になっても心に響く」「大人になってから聞くと納得」と盛り上がった。さらに僧侶戦士の少女・マァム(CV:小松未可子)がダイ(CV:種崎敦美)とポップ(CV:豊永利行)と一緒に冒険することを決心し、物語が大きく動き出したエピソードだった。


 そんなダイたちを待ち受けていたのは、さらに激しい戦いだった。

11月21日に放送された第8話「百獣総進撃」では、クロコダインが百獣魔団のモンスターたちを率いて総攻撃を仕掛けてきた。ダイは、育ての親である鬼面道士ブラス(CV:緒方賢一)を人質にとられて苦しむところに、クロコダインの獣王痛恨撃を食らってしまう——。大迫力の演出が加えられた獣王痛恨撃のパワーには、視聴者も圧倒させられた様子。Twitter上では、「痛恨擊の火力エッッッッッグ!」「凄まじい威力」「まるでレーザービームだった」「グランドクルス級の描写になってる!!」と驚きの声が相次いだ。

第8話「百獣総進撃」
【あらすじ】

夜遅くロモス城下町に到着したダイたちは、宿で一晩を過ごすことにする。ダイはその宿で、かつてデルムリン島にやって来たニセ勇者パーティーと再会する。 そして夜明け。ダイたちは町中に響き渡る獣たちの咆哮で目を覚ます。クロコダインが百獣魔団のモンスターたちを率いて総攻撃を仕掛けてきたのだ。すぐさま宿を飛び出していくダイ。マァムもポップを連れダイを追おうとするが、ポップは怖気づいてしまっていた。失望したマァムはポップを置いて、単身でダイを追いかける。 ロモス城の大広間では、ダイとクロコダインが対峙していた。マァムもそこに駆け付けたるが、クロコダインはザボエラから渡された魔法の筒を取り出す。中から現れたのは、なんとブラスだった! マホカトールで守られたデルムリン島の外では大魔王の魔力に支配されてしまうブラスは、自らを見失い、ダイのこともわからず襲い掛かる。しかしダイは、たった一人の家族であるブラスに反撃することができない。さらにクロコダインの最強技・獣王痛恨撃を食らい、ダイはついに倒れてしまう。

(C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 (C)SQUARE ENIX CO., LTD.

#視聴者 #アニメ #ドラゴンクエストダイの大冒険 #前野智昭 #櫻井孝宏


「ダイの大冒険」第8話、クロコダインの“獣王痛恨撃”がド迫力! 視聴者「凄まじい威力」