映画『シン・エヴァンゲリオン』声の収録すべて終了、ファン歓喜の声 公開まで約2ヶ月

 来年1月23日公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4作目となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の収録が、すべて終了したことが19日、製作・カラーの公式ツイッターで発表された。

 ツイッターでは「メインはもちろんリテイク含めた全ての声の収録が終わりました!」と報告し、「役者の皆様、今回も細かく録らせていただきありがとうございます」とキャスト陣へ感謝した。

 投稿されたツイートには主人公・碇シンジ役の #緒方恵美#庵野秀明 総監督の写真もあり「シンエヴァ公開まであと65日です」と呼びかけ。

これにファンは「テレビシリーズから長年の時を経って愛され続けられたエヴァシリーズが完結するのは寂しい様な長年お疲れ様って言いたい気持ちもありますが、とにかく公開日が待ち遠しいです」「もう後2ヶ月もすれば観れる…」「大変な年に頑張ってくれてありがとう」「監督、音響スタッフ、声優の皆様方、本当にお疲れ様でした」「公開日のカウントダウンをするとは…いよいよ公開される実感が出てきた」などと喜びの声をあげている。

 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』は、TVアニメ版『新世紀エヴァンゲリオン』に新たな設定とストーリーを加え全4部作として「リビルド」(再構築)したもの。今作は、2007年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、09年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、12年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に続いての公開となり、最終章となる。

■スタッフ情報
制作/スタジオカラー
配給/東宝、東映、カラー
宣伝/カラー
製作/カラー
監督/鶴巻和哉、中山勝一
総監督/庵野秀明

#ツイッター #ヱヴァンゲリヲン #もち #ありがとう #キャスト


映画『シン・エヴァンゲリオン』声の収録すべて終了、ファン歓喜の声 公開まで約2ヶ月