アニメ「魔法科高校の劣等生」達也とリーナが激突! 壮絶な“さすおに”バトルに視聴者興奮

 アニメ「魔法科高校の劣等生 来訪者編」第7話では、主人公・司波達也(CV: #中村悠一 )が、“USNA軍魔法師部隊スターズの総隊長”リーナ(CV: #日笠陽子 )と対峙した。


 同アニメは、シリーズ累計1500万部を突破した人気ライトノベル(原作:佐島勤/イラスト:石田可奈)を原作としたシリーズの第2期。魔法が技術として確立された世界を舞台に、“魔法科高校”に通う1組の兄妹と仲間たちの波乱の日々を描く。

 前回放送された第6話では、キャラクターたちのバレンタインデーが描かれた。いつもクールな達也が、七草真由美(CV: #花澤香菜 )が作った“激苦チョコ”を食べて珍しく眉根を寄せる場面もあった。

チョコレートを巡ってさまざまなドラマが繰り広げられる展開は、ファンからも「七草先輩のチョコが最強でしたね」「各々の内なる思いが露呈してて面白い」と好評を博した。

 11月14日より順次放送中の第7話「来訪者編VII」では、前回のギャグテイストから一変して緊迫した展開に。リーナが魔法兵器“ブリオネイク”を装備して達也との戦いに挑んだ。“ブリオネイク”の強大な威力によって片腕を失う達也だったが、能力を駆使して反撃してみせた。達也の圧倒的な強さと精神力がわかるバトルに、Twitter上では「今回の戦闘は特にすごく感じたな」「壮絶……」「達也VSリーナの激突は熱かったよ〜!」「この強さ…さすおに(さすがお兄様)です!」といった声が相次いでいた。

第07話「来訪者編VII」
【あらすじ】

バランスからリーナに、《灼熱のハロウィン》を引き起こした術者の捕獲命令が下された。バランスは「確保が不可能な場合は抹殺もやむを得ない」という言葉とともに、戦略級魔法を荷電粒子砲に転用する為のリーナ専用デバイス・ブリオネイクを渡すのだった。

(C)2019 佐島 勤/KADOKAWA/魔法科高校2製作委員会

#魔法 #アニメ #高校 #視聴者 #興奮


アニメ「魔法科高校の劣等生」達也とリーナが激突! 壮絶な“さすおに”バトルに視聴者興奮