「力なき正義もまた無力」"ダイの大冒険"第7話、アバン先生の名言が改めて染みる

 11月14日より順次放送中の秋アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」第7話では、アバン(CV:櫻井孝宏)の“あのセリフ”が登場し、視聴者たちを「名言きた!」と喜ばせた。


 前回の第6話「獣王クロコダイン」では、アバンのしるしを持つ僧侶戦士の少女・マァム(CV:小松未可子)が登場。ヘタレキャラのポップ(CV:豊永利行)と、勝ち気なマァムのまるで夫婦漫才のようなやり取りが、「夫婦喧嘩はここから始まったんやな」「すごいニヤニヤして見ちゃうな」「ポップとマァムの出会いとか胸熱」と反響を招いた。

 第7話「マァムの想い」では、マァムとアバンの関係が明かされた。

なんとマァムの両親はかつてアバンと共に戦った仲間であり、彼女が使う武器「魔弾銃」はアバンからもらったものだったのだ。回想シーンの中では、アバンの「正義なき力が無力であるのと同時に、力なき正義もまた無力」という教えも描かれた。原作ファンからも名ゼリフとして名高い言葉がついに新作アニメで登場し、Twitter上では視聴者たちが「アバン先生の名言でました!」「一番好きな名言きた!」「後世に語り継ぎたい名言だわ」と盛り上がった。「原作当時から未だにずっと心の奥に深く刻まれてるもん」「大人になっても心に響く」「子供の頃はよく分からなかったけど大人になってから聞くと納得」という声もあり、かつての #少年少女 たちがアバン先生の教えに改めて感じ入っている。

 また、第7話終盤で、マァムは、ダイ(CV:種崎敦美)とポップと一緒に冒険に出ることを決心した。マァムが「私も行くわ!」と駆けてきた後には、新作アニメのオリジナル要素もあった。マァムが旅に出る理由がフォローされており、こちらも「今までのアニメオリジナル台詞の中でも最高」「良改変」と好評だ。さらに「ポップの恋も始まったね!」「ポップとマァムにフラグが立つ」という声が寄せられ、今後のふたりの関係にも注目が集まっているが、果たして……!?

第7話「マァムの想い」
【あらすじ】

マァムが突然ダイを攻撃したことに驚くポップ。だがじつは、彼女が放った魔弾銃の弾丸にはまひを治す呪文「キアリク」がつまっていた。それによってダイのまひは回復。さらにマァムの攻撃でクロコダインが一瞬ひるんだ隙を突いて、ダイはクロコダインの左目に一撃を食らわせる。負傷したクロコダインはその場から撤退していった。 ピンチを脱し、ネイルの村へとやって来たダイとポップは、マァムとアバンの間につながりを知る。なんと、マァムの両親はかつてアバンと共に戦った仲間であり、魔弾銃はマァムがアバンの修業を受けた際、卒業の日に彼からもらったものだったのだ。「正義なき力が無力であるのと同時に、力なき正義もまた無力」。そんなアバンの教えを守って村を支えてきたマァムに、ダイとポップはアバンの死を伝えられない。しかし、マァムは偶然そのことを知ってしまう。 村の長老から魔法の修業を受けて成長を感じたダイは、翌朝、ポップと共に村を発つことにする。そしてマァムも、彼らと共にアバンの遺志を継いで戦うことを決心する。ダイとポップは、彼女を新たな仲間として温かく迎えるのだった。三人のアバンの使徒は、ロモス城を目指す——。 そのころ、クロコダインのもとに、妖魔士団の軍団長・妖魔司教ザボエラが助力を名乗り出ていた……。

※種崎敦美の「崎」は正しくは立つ崎の字
(C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京
(C)SQUARE ENIX CO., LTD.

#名言 #アニメ #ドラゴンクエストダイの大冒険 #櫻井孝宏 #セリフ


「力なき正義もまた無力」"ダイの大冒険"第7話、アバン先生の名言が改めて染みる