PC向けのシリーズ新作『ポップンミュージック ライブリィ』正式サービスが開始。定額制で200曲以上を収録、専用コントローラーの制作計画も始動

 コナミアミューズメントは11月5日(木)、PC(Windows 10)向け音楽シミュレーションゲーム『pop’n music Lively(ポップンミュージック ライブリィ)』の正式サービスを開始した。

 本作におけるすべてのゲーム内要素をプレイするには「KONAMI ID」「e-amusement pass」の登録および、定額制サービス「pop’n music Livelyベーシックコース」(月額税込1628円)への加入が必要となる。

 今回正式にサービスが開始された『pop’n music Lively』は、2011年に発売されたPlayStation Portable用ソフト『pop’n music portable 2』以来、約9年ぶりに家庭用としてリリースされた正統派作品。2020年9月にはベータ版も提供されており、こちらは執筆時点で動作確認用のソフトとして無料配信中だ。

 ベータ版では最低限の機能のみを搭載し、遊べる曲も5曲のみであった。しかし正式版では、アーケード版でしかプレイできなかったものを含む、200曲以上の楽曲300以上のキャラクターからなる豊富なコンテンツを楽しめるようになった。また、今後も楽曲の追加配信やイベントを実施していく予定だという。

 なお、11月中に「pop’n music Livelyベーシックコース」へ加入してプレイすると、高難度の限定曲「Ubertreffen(プログレッシブバロック)」がアンロックされる。さらに、ベータ版のときから要望が出ていた専用コントローラーの制作プロジェクトも始動しているようだ。

 参考までに、公式サイトには最初からプレイ可能な「初期収録曲」の一覧が掲載されている。興味があれば、ベータ版での動作確認や収録曲をチェックしたうえで、定額制サービスへの加入を検討してみてほしい。

ライター/ヨシムネ

『pop’n music Lively』の公式サイトはこちら『pop’n music』シリーズの公式Twitterアカウントはこちら

#新作 #コントローラー #Windows10 #シミュレーションゲーム


PC向けのシリーズ新作『ポップンミュージック ライブリィ』正式サービスが開始。定額制で200曲以上を収録、専用コントローラーの制作計画も始動