『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』地域別オープンベータがスタート。Twitterキャンペーンや学生向けプログラムの再募集も開始

 Riot Games(ライアットゲームズ)は、iOS、Android向けMOBA【※】タイトル『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』(以下、ワイルドリフト)において、対象へ日本を含む地域別オープンベータテストを10月28日(水)より開始した。
 公式Twitterアカウントではアプリの配信にあわせたふたつのキャンペーンが開催されているほか、学生向けプログラムの再募集も実施される。

【※】MOBA:マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(Multiplayer Online Battle Arena)の略で、その出自から“Dota系”とも呼ばれる。

複数のプレイヤーが2チームに分かれ、フィールド上で互いの陣を攻め合うオンラインアクションゲームのジャンルを指す。プレイ中の行動によって、プレイしているキャラクターのレベルが上がるRPGに近い要素を含む点を特徴としており、代表的なタイトルに『リーグ・オブ・レジェンド』が挙げられる。

 『ワイルドリフト』は、5人のチームで協力して相手の本拠地を破壊するPC向けタイトル『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』をスマートフォンや家庭用ゲーム機向けに1から作り直した作品だ。最適化された操作方法ペースの速いゲーム展開が特徴で、2020年に入ってから地域別でのアルファテストおよびクローズドベータテストを実施している。

 作品公式サイトの掲載情報によれば、日本と韓国では既存の「Riotアカウント」を利用してログインすると、PC版『リーグ・オブ・レジェンド』のプレイ時間や有償アイテムの購入額に応じた報酬をもらえる既存プレイヤー向けの特典が用意されているようだ。

 また、海外向けの公式YouTubeチャンネルでは、“チャンピオン”(操作キャラクター)のひとりである「ジンクス」が、仲間たちを集めながら戦いの舞台へ向かう様子を描いたシネマティックトレーラーも公開された。

 アプリの配信にあわせたTwitterキャンペーンや学生向けプログラムの情報を含むリリース文は以下のとおり。

地域別オープンベータ開始記念キャンペーン
①「ワイリフチャレンジ投稿コンテスト」概要

「ワイリフチャレンジ投稿コンテスト」は、ワイリフのゲームプレイで感じた楽しさを、編集したゲーム動画やキャラクターのイラストで表現してTwitterに投稿してもらうコンテストです。ワイリフに関する動画や画像とハッシュタグ「#ワイリフに集合だ」「#ワイリフチャレンジ」をつけて投稿するだけで参加可能です。
コンテストでは、いいね数と事務局評価の総合評価で毎週5名様に「今週のワイリフチャレンジ賞」としてAmazonギフト券1万円分をプレゼントします。また、11月24日(火)の最終締め切り後には、全期間を通じての5名様に「ワイリフチャレンジ大賞」としてAmazonギフト券10万円分をプレゼントします。さらに、コンテスト参加者の中から抽選で555名に参加賞としてAmazonギフト券500円分もプレゼントします。
開催期間:
2020年10月28日(水)〜2020年11月24日(火)23時59分まで
参加方法:
ワイルドリフト 公式Twitterアカウントをフォローして、ワイルドリフトに関する動画や画像とハッシュタグ「#ワイリフに集合だ」「#ワイリフチャレンジ」の両方をつけてTwitterに投稿することで参加可能です。
当選人数:
ワイリフチャレンジ大賞 5名様
今週のワイリフチャレンジ賞 20名様
チャレンジ参加賞 555名様
賞品:
ワイリフチャレンジ大賞 Amazonギフト券10万円分
今週のワイリフチャレンジ賞 Amazonギフト券1万円分
チャレンジ参加賞 Amazonギフト券500円分
サイト:https://wildrift-open-contest.jp.leagueoflegends.com/
②「見た目でチャンピオン診断キャンペーン」概要

ワイルドリフト公式Twitterアカウント(https://twitter.com/wildriftjp)から投稿された「見た目でチャンピオン診断」のツイート内から「診断する」ボタンを押すとDMが開き、顔写真をUPすることによって、あなたに相応しいチャンピオンを診断することができます。また、ワイルドリフト公式Twitterアカウントのフォローと診断結果をハッシュタグ「#見た目でチャンピオン診断」を付けてシェアすることで、抽選で1000名様にガストなどで使えるお食事券500円分がその場で当たります。
開催期間:
2020年10月28日(水)ツイート投稿後から2020年11月5日(木)23時59分まで
参加方法:
ワイルドリフト公式Twitterアカウントのフォローと診断結果をハッシュタグ「#見た目でチャンピオン診断」を付けてシェア
当選人数:
1000名様
賞品:
お食事券500円分
「駆け込み参加者再募集!ワイリフ公式学生クリエイター」概要

ワイリフ公式学生クリエイタープロジェクトに、駆け込み参加ができるようになりました。地域別オープンベータからワイリフをプレイした学生の中で、本プロジェクトに参加したくなった学生のために本日10月28日(水)から11月6日(金)まで「ワイリフ公式学生クリエイター」を再募集します。さらに本プロジェクトの追加特典として、優勝者(4名)と公式監督・伊織もえ特別賞(1名)の計5名に非売品のティーモ人形が贈られます。
プロジェクト開催期間:
2020年10月28日(水)〜2020年11月15日(日)23時59分まで
再募集期間:
2020年10月28日(水)〜2020年11月6日(金)23時59分まで
参加方法:
・2020 年 10 月 5 日時点で国内の高校、大学、専門学校に在籍していること。
・1 人(ソロ)でも、2 人 1 組(ペア)でも応募可能です。
・スマートフォンを保有している方。
※詳細は応募規約をご確認ください。
・ワイリフ公式学生クリエイターにはワイルドリフトをテーマにした、あなたが考える世界に一つだけのUGC(ユーザー生成コンテンツ)を作成いただきます。
・「ゲームムービー」「ダンスムービー」「声ムービー」「イラスト」のうち、自身の得意分野で作品を作成。
募集人数:
約50名
特典:
【優勝者】4名
・伊織もえさんとのコラボ配信権
・ワイルドリフト公式プロモーションでの起用
・非売品ティーモ人形贈呈
【公式監督・伊織もえ特別賞】1名
・非売品ティーモ人形贈呈
【全員】
・ワイルドリフト公式クリエイターの称号(2020年12月31日迄)
・ワイルドリフト公式メディアでの紹介
・ワイルドリフト特製グッズ
・専属スタッフのサポート
・「Adobe Creative Cloudコンプリートプラン(3カ月版)」
・アドビ特別ウェビナーの受講
・優秀作品はワイルドリフト公式プロモーションでの作品採用
サイト:
https://wildrift-influencer-registration.jp.leagueoflegends.com/
リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト
ワイルドリフト公式サイト : https://wildrift.leagueoflegends.com/ja-jp/
ワイルドリフト公式Twitter : https://twitter.com/wildriftJP
iOS : http://apple.co/2HbfpgC
Android : http://bit.ly/37j4gF9
ライアットゲームズ とは
2人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーに2006年に創業。2009年には、デビュー作『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』をリリースし、プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける。毎年開催されるLoLの世界大会「リーグ・オブ・レジェンド World Championship(Worlds)」は、世界最大級のeスポーツイベントとして知られる。 LoL10周年となる2019年に『レジェンド・オブ・ルーンテラ』や『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』など、新しいタイトルの開発やモバイルプラットフォームへの移植、さらにオリジナルアニメーションなどを一斉に発表した。世界20以上のオフィスに2,500人以上のスタッフが在籍。本社はカリフォルニア州ロサンゼルス。(2019年10月現在)
ライアットゲームズ公式サイト: https://www.riotgames.com/ja
Riot Games Japan 公式Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan

ライター/ヨシムネ

『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』公式サイトはこちら『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』公式TwitterアカウントはこちらiOS版『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』ダウンロードページはこちらAndroid版『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』ダウンロードページはこちら

#Twitter #キャンペーン #iOS #Android #タイトル


『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』地域別オープンベータがスタート。Twitterキャンペーンや学生向けプログラムの再募集も開始