アニメ「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」ナタク(CV:田村睦心)を救う黒野(CV:櫻井孝宏)がかっこいい!第17話

 10月23日より順次放送中のアニメ「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」第17話では、優一郎黒野(CV:櫻井孝宏)とナタク孫(CV:田村睦心)の意外な関係性が描かれた。


 アニメ「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」は、「ソウルイーター」などで知られる漫画家・大久保篤氏が描く「炎炎ノ消防隊」(「週刊少年マガジン」にて連載中)を原作としたアニメの第2期。とある理由から“悪魔”と呼ばれる新入隊員の少年“シンラ”こと森羅日下部(CV:梶原岳人)が、人々を救う“ヒーロー”を目指す物語だ。

 黒野は、灰島重工内にある能力開発研究所の主任。

第3世代能力者の中でもトップクラスの強さの持ち主だが、弱い者いじめが大好きな性格をしている。第17話「少年よ、弱くあれ」は、暴走するナタクを黒野が説得するエピソードだった。黒野が「弱さを大事にしろ」とナタクに語りかけるシーンもあり、Twitter上では「黒野がナタクの心を救ったの意外…」「2人は割と良い関係なんだな」「二つの歪みがピタリと合わさるのが面白い」「案外いい事言っててカッコよかった!」「ちょっとヤバいけどちゃんと良い大人で惚れるね」との声が相次いだ。

 また、普段はシンラと敵対している伝導者一派のカロンが、シンラたちを守る展開もあった。男気あふれるカロンの活躍に、視聴者からは「最高にカッコいい!」「超人すぎる」「さすがに今回はカロンに惚れてしまったよ」といったツイートが続出していた。

第拾七話「少年よ、弱くあれ」
【あらすじ】

伝導者の一派・リツが生み出した“大焔人”と合体したナタクを前に、シンラとカロン、黒野は共闘。錯乱したナタクは放射線レーザーを放ち、街を吹き飛ばそうとする!シンラはプレッシャーに囚われたナタクを救えるのか──!?

※「焔」は正しくは異体字
(C)大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課

#アニメ #消防 #櫻井孝宏 #反響 #漫画家


アニメ「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」ナタク(CV:田村睦心)を救う黒野(CV:櫻井孝宏)がかっこいい!第17話