『夏目友人帳』新作アニメ、来年1・16劇場上映 ミツミ役を金元寿子

 新作アニメ『夏目友人帳 石起こしと怪しき来訪者』が、2021年1月16日より東京・新宿バルト9などの劇場で上映されることが決定した。あわせてキービジュアルやキャラクター設定画が公開された。

 人気テレビアニメ『夏目友人帳』の新作アニメーションとして、2つの短編エピソード「石起こし」「怪しき来訪者」をアニメ化する今作。人と妖(あやかし)、交わらないはずの両者の素朴で繊細な心の機微を描き、一話完結という原作の特性を生かしたオムニバス形式で、ファンに人気の二つの短編エピソードを上映する。

 また、主人公・夏目が森で出会った小さな妖怪・ミツミ役を金元寿子が担当し「作品の持つあたたかい雰囲気が本当にすてきで、今回、ミツミ役で出演できることを大変うれしく思います! ミツミの想いをしっかりと表現できるように精一杯臨みたいと思います。よろしくお願い致します!」とコメントを寄せた。

 前売券は現在発売中。特典はティザービジュアルを使用したポストカードとなっている。

#アニメ #夏目友人帳 #新作 #東京 #バルト


『夏目友人帳』新作アニメ、来年1・16劇場上映 ミツミ役を金元寿子