ソニックの生みの親たちが手掛ける『バランワンダーワールド』のオープニング映像公開。主人公がバラン劇場に迷い込み、バランに導かれこころのかけらを探す旅に

 スクウェア・エニックスは2021年3月26日(金)の発売を予定している『バランワンダーワールド』のオープニング映像を公開した。対応プラットフォームはNintendo Switch、PlayStation 4、PlayStation 5、Xbox One、Xbox Series X/S、Steam。価格はいずれも税抜6980円を予定している。 

『バランワンダーワールド』は舞台ミュージカルをモチーフにしたアクションゲームだ。ポジティブとネガティブが入り混じった心象世界「ワンダーワールド」を舞台に、主人公は「大切なモノ」を探す旅に出る
 ワンダーワールドではポジティブな心に影響された「ティムズエリア」とネガティブな心から生まれた12の心象世界があり、これらのエリアを行き来して冒険は進む。

 また、主人公はワンダーワールドに暮らす住人たちの「チカラ」を衣装としてまとうことができる

衣装をまとえば固有のアクションが可能になり、ステージに配置されたさまざまなギミックを乗り越えるのに役立つ。
 今回公開されたオープニング映像では、ポジティブとネガティブのバランスが崩れた「バラン劇場」に主人公が迷い込む。劇場では謎のマエストロ「バラン」に導かれ、こころのかけらを探しにワンダーワールドへ入るところまでが描かれている。

 本作のディレクターは中裕司氏、キャラクターデザインは大島直人氏が担当する。ソニックの生みの親たちが手がけるスクウェア・エニックスの新作、気になったかたはチェックしてみてほしい。

バランワンダーワールド公式サイトはこちら

#主人公 #PlayStation #Xbox #スクウェア・エニックス #発売


ソニックの生みの親たちが手掛ける『バランワンダーワールド』のオープニング映像公開。主人公がバラン劇場に迷い込み、バランに導かれこころのかけらを探す旅に