新アニメ「いわかける」努力派キャラクターの演技に活きた石川由依の経験「悩みもするから上を目指せる」

 スポーツクライミングを題材にしたアニメ「いわかける!- Sport Climbing Girls -」が10月3日からスタートした。パズルゲームの天才・笠原好(かさはら・このみ)が、あるきっかけからスポーツクライミングに挑戦、早々に才能を発揮する。対照的に声優・ #石川由依 が演じる同級生・上原隼(うえはら・じゅん)は、ストイックに競技に向き合うも、時には挫折、苦悩も味わうキャラクターだ。自分の演技とともに、好役・ #上坂すみれ との共演についても話を聞いた。


−天才タイプの好に対して、隼は努力タイプのキャラクターです。

 石川由依(以下、石川)

 とにかく隼は不器用な子です。

初対面の人にもきつく言ってしまうこともあるし、自分がスポーツクライミング一直線で来たからこそ、そうではない遊び感覚の子が許せなかったりする。だけど自分でもうまくいかないところで悩んだりもする子。演じてみて、中身を知っていくと「応援したくなる子だな」と思っていました。

−序盤はかなり好にも態度が強めです。

 石川

 初っ端は口も悪いので、下手すると見ている方から嫌われちゃうんじゃないかと若干の不安もあるんですが…(苦笑)でも話が進むに連れて、隼が悩んでいる姿とかも出てきますし、自分より出来る子が現れたら、嫉妬しちゃダメだと思っていても嫉妬しちゃうというのは誰しも経験があると思うので、そういった部分で共感してもらえるんじゃないかなと思っています。「もっと冷たく突き放して」という指示もあったのですが、見ている方に親近感を持ってもらえるようにと思いながら演じていました。でも心の中では「嫌われませんように!」という葛藤もありましたね。

 スポーツクライミングを題材にしたアニメ「いわかける!- Sport Climbing Girls -」が10月3日からスタートした。パズルゲームの天才・笠原好(かさはら・このみ)が、あるきっかけからスポーツクライミングに挑戦、早々に才能を発揮する。対照的に声優・石川由依が演じる同級生・上原隼(うえはら・じゅん)は、ストイックに競技に向き合うも、時には挫折、苦悩も味わうキャラクターだ。自分の演技とともに、好役・上坂すみれとの共演についても話を聞いた。

−天才タイプの好に対して、隼は努力タイプのキャラクターです。

 石川由依(以下、石川)

 とにかく隼は不器用な子です。初対面の人にもきつく言ってしまうこともあるし、自分がスポーツクライミング一直線で来たからこそ、そうではない遊び感覚の子が許せなかったりする。だけど自分でもうまくいかないところで悩んだりもする子。演じてみて、中身を知っていくと「応援したくなる子だな」と思っていました。

−序盤はかなり好にも態度が強めです。

 石川

 初っ端は口も悪いので、下手すると見ている方から嫌われちゃうんじゃないかと若干の不安もあるんですが…(苦笑)でも話が進むに連れて、隼が悩んでいる姿とかも出てきますし、自分より出来る子が現れたら、嫉妬しちゃダメだと思っていても嫉妬しちゃうというのは誰しも経験があると思うので、そういった部分で共感してもらえるんじゃないかなと思っています。「もっと冷たく突き放して」という指示もあったのですが、見ている方に親近感を持ってもらえるようにと思いながら演じていました。でも心の中では「嫌われませんように!」という葛藤もありましたね。

−作品のお気に入りポイントをお願いします。

 石川

 自分のシーンじゃないんですが、きくちゃん(後藤菊子)と好のところです。きくちゃんは好になついているんですが、ロッククライミングこそ正義というような考えの持ち主です。でも好はスポーツクライミングの大会のよさも知ってほしい。そこの言い合いで好が必死になるシーンが、すごくかわいいんです。必死すぎて語尾がおかしくなってしまうところとか笑ってしまいますし、演じているすみれちゃんもかわいかったです。

−好は集中するとモードが切り替わります。

 石川

 怖いですよね…。原作を読んでいても、そこだけホラー感があって。すみれちゃんも、すごいブツブツ、言っていましたよ(笑)

(C)石坂リューダイ・サイコミ / 花宮女子クライミング部応援団

#アニメ #キャラクター #石川由依 #はら #パズルゲーム


新アニメ「いわかける」努力派キャラクターの演技に活きた石川由依の経験「悩みもするから上を目指せる」