『Noita』正式版が日本時間10月16日に配信開始。1ドット単位で描かれる美しい物理演算を特徴とする魔法ローグライクアクション

 フィンランド・ヘルシンキに拠点を置くインディーゲーム開発スタジオのNolla Gamesは、同社が開発する2Dアクションゲーム『Noita』正式版となるバージョン1.0の配信を日本時間10月16日(金)午前2時ごろに開始した。価格は税込2060円だが、10月23日(金)までの期間20%オフの税込1640円で購入できる。

(画像はSteam『Noita』より)

 『Noita』は、世界を構築するすべてのピクセルが物理演算によって動く特徴を持つアクションゲーム。死亡時にすべてを失い、進行状況もリセットされるローグライクの要素を持つ。本作はさまざまな環境から構築されたダンジョンへ潜り、道中で見つかる魔法の杖「ワンド」とランダムに込められた呪文「スペル」をうまく組み合わせながら、ダンジョンの最深部を目指していく探索のロマンにあふれた作品だ。

 バージョン1.0ではゲームの開始地点やアイテムが24時間ごとにランダムで変更される新モード「デイリー耐久ラン」をはじめ、配信の観覧者がゲームの状況をもっとカオスなものへ変えられるTwitchとの連携機能や、気温による影響を含む新たなバイオームの追加など、多数の新要素が実装されている。

(画像はSteam『Noita』より)

 バージョン1.0のハイライトは以下のとおり。詳細についてはSteamやゲーム内に掲載されているリリースノートをチェックしてみてほしい。

・「デイリー耐久ラン」ゲームモード
・Twitch拡張機能
・バイオーム調整
・多くのゲームプレイとUIの調整や追加
・ビジュアルやオーディオの強化
・新たなスペル、パーク、敵、素材、秘密、音などを追加
・15曲以上の新しい音楽トラック:
「地下ジャングル」「埋葬室」「芸術の神殿」など
・パフォーマンスの最適化とバグ修正
・オプションメニューの見直し

ライター/ヨシムネ

『Noita』のSteamストアページはこちら『Noita』の公式サイトはこちらNolla Gamesの公式Twitterアカウントはこちら

#特徴 #魔法 #アクションゲーム #Steam #世界


『Noita』正式版が日本時間10月16日に配信開始。1ドット単位で描かれる美しい物理演算を特徴とする魔法ローグライクアクション