『ゼルダの伝説 時のオカリナ』を「本物のオカリナ」でプレイするユーザーが登場。音色でリンクを操作し「エポナの歌」を実際に演奏する特製コントローラー

 ゼリービーンズを使ったコントローラーで『Fall Guys』を遊んだり(参考記事)、ガチョウのコスプレコントローラーで『Untitled Goose Game』をプレイするストリーマーのRudeism氏が、今度は #オカリナ を使ったコントローラーで『ゼルダの伝説 時のオカリナ』を攻略中だ。

 氏はTwitterに、オカリナを奏でて「キングドドンゴ」を倒す様子をアップロード。バクダン花をボスの口の中に放り込んで倒す少しトリッキーなボスだが、奇妙な旋律とともに成敗されている。Twitchでは5時間にわたりオカリナでの攻略に挑戦する映像も公開されている。

 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』は、1998年にNINTENDO64で発売されたアクションアドベンチャーゲーム。「時のオカリナ」と呼ばれるアイテムの力でふたつの時代を行き来しながら、シリーズお馴染みの主人公リンクがガノンドルフの野望を阻止するゲームだ。

 ゲーム内でのオカリナは、音色を鳴らして効果を発生させ、ときには謎解きにも利用する重要アイテム。Rudeism氏のオカリナ型コントローラーは、ゲーム内のオカリナを実際のオカリナで操作したいという気持ちの表れだろう。

(画像はRudeism氏のTwitchより)

 オカリナ型コントローラーの詳細は解説されていないが、オカリナ本体を改造して操作ボタンをつけているわけではなく、オカリナの音色をマイクで認識して操作できるようにしているようだ。

 ゲーム内の楽譜の音程(ボタン)と実際のオカリナの音程を合わせるようにして設定されているため、ゲーム内のオカリナの代表的な曲「エポナの歌」を弾きたいなら実際にオカリナでエポナの歌を演奏すればよい。

 Rudeism氏はTwitter上にて、現実のオカリナを演奏してゲーム内のオカリナを操作する別のシーンもアップロードしている。

 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』を遊んでオカリナを練習したという方はきっと多いはずだ。Rudeism氏のオカリナコントローラーは、ゲームと現実の橋渡しとなるだろう。

 日夜独創的なコントローラーを製作している氏だが、現在は『Fall Guys』専用のコントローラーを3Dプリンタなどで制作中だ。

Rudeism氏のTwitterアカウントはこちら

ライター/古嶋誉幸

#オカリナ #コントローラー #ゼルダの伝説 #演奏 #FallGuys


『ゼルダの伝説 時のオカリナ』を「本物のオカリナ」でプレイするユーザーが登場。音色でリンクを操作し「エポナの歌」を実際に演奏する特製コントローラー