関智一と森久保祥太郎が“道の駅グルメ”を堪能!謎のフルーツ“ポポー”を初体験!?

 テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は、「アニメLIVEチャンネル」において、2020年10月9日(金)の夜10時から夜11時30分にわたり、『声優と夜あそび 金【関智一×森久保祥太郎】 #16』を配信した。本配信では「GoTo道の駅!数珠つなぎツアー」と題した新コーナーを実施。“道の駅 足柄 金太郎のふるさと”を紹介し、ご当地名物のグルメを堪能。そのほかにも、その週のニュースを題材に気ままなトークを行なう「ブン投げ!10ミニッツトーク」や金曜日恒例の「視聴者投稿!なんとなくカラオケ」などのコーナーを行なった。

関智一と森久保祥太郎が謎の果物と出会う!

 本配信では、新企画「GoTo道の駅!数珠つなぎツアー」を実施。

全国津々浦々からピックアップした“道の駅”を解説し、その“道の駅”スタッフに次の“道の駅”を紹介してもらう……というコーナーであり、第1階は番組スタッフがチョイスした“道の駅 足柄 金太郎のふるさと”を解説した。

 MCの関は、休日になれば“道の駅”までドライブしている、大の“道の駅”好き。足柄にも「テレビで紹介されていたのを見たから、行ってきたよ」「いいところだったでしょ?」とスタッフが撮影してきた写真に、自分の思い出を交えながら解説。絶品の「ウニとろ牛めし」の写真が紹介されると「お肉とウニが乗ってりゃ美味いに決まってる……って思うでしょ?でも想像を超えた美味さがある!」「お肉とご飯のバランスもいい。底上げはされてない!」と力説。

 そんな関と森久保のもとに、道の駅名物の茶そばとカレーが登場し「うまい!」「お弁当食べたけど、まだ食べられちゃう!」と舌鼓を打った。さらに、こぶし大の果物“ポポー”が登場すると、「これ何!?」「見たことがない!」と驚きの声。

 “道の駅 足柄 金太郎のふるさと”の駅長である大塚貴文さんと生電話を繋ぎ、“道の駅”についてさまざまな勉強を行なった後は、あらためてポポーに向き直る。大塚さんはポポーについて「幻のフルーツで、日本でもあまり売られていない」と解説し、切り方を指南。関と森久保は自ら包丁を手にポポーを切って口へ運ぶと、思わず笑顔に。関は「めっちゃ、美味いです……!」と感動の声をあげ、森久保も「甘い!スイーツを食べているみたいです!」と驚いた様子。特に森久保は「普段あんまりフルーツ食べないんだけど、ポポーがあるって言われたら食べちゃうな」とポポーの魅力にハマってしまったようだった。

 “道の駅”の魅力をあらためて実感した関と森久保。反響次第ではレギュラーコーナー化ということをスタッフから知らされると、新たな“道の駅”の情報を楽しみにしていた。

#道の駅 #関智一 #グルメ #アニメ #チャンネル


関智一と森久保祥太郎が“道の駅グルメ”を堪能!謎のフルーツ“ポポー”を初体験!?