『天外魔境I』と『天外魔境II』のあいだを描く原作スタッフによる小説『天外魔境I・II架話 髑髏譚 -SKULL TALE-』が2021年2月11日に発売決定

 コナミデジタルエンタテインメントは、『天外魔境ZIRIA』『天外魔境II 卍MARU』のあいだのストーリーを当時の原作スタッフによって小説化した『天外魔境I・II架話 髑髏譚 -SKULL TALE-』を発表した。サイズは四六判(128×188mm)、全320ページ。発売日は2021年2月11日となり、価格は税込1870円。

 また価格はそれぞれ税込9900円で、人気イラストレーターPansonWorksによるコラボTシャツなどが付属した「ebtenDXパック」が同日発売される。

 小説『天外魔境I・II架話 髑髏譚 -SKULL TALE-』の主人公は、『天外魔境ZIRIA』に登場した敵役である妖術使いの幻王丸と、『天外魔境II 卍MARU』に登場した冷徹な将軍である吹雪御前のふたり。

 髑髏本尊の宣託により、吹雪御前がヨミを宿し巨大な花(暗黒蘭)に卵として産むことがわかった幻王丸は、そのヨミを復活させる宣託を実現させるため、吹雪御前をはじめとした根の一族の面々と共に伊勢から火多と放浪する物語を、「しゃべる骸骨」の髑髏本尊の視点から描く。

(画像は「【Amazon.co.jpエビテン限定】天外魔境I・II架話 髑髏譚 -SKULL TALE-(書籍単品): ゲーム」より)

 ほかにも『天外魔境』シリーズの人気キャラクター、絹、シロ、菊五郎、悪の三博士、マダムバーバラ、デュークペペ、花火、肉助、ガーニン、酒呑童子、綾、卍丸、ヨミ、マリなどが多数登場するという。

 PCエンジン miniの開発ディレクターを務めた吉室純氏によると、本作は『天外魔境II』の攻略本で予告されていたもので、約30年かかって小説をだすことになったという。

 原作はP・H・チャダ、編訳はあだちひろし、装画・挿絵は辻野寅次郎というオリジナルのゲームスタッフがタッグを組んでいるので、ファンにとっては必読の小説となっているといえるだろう。

(画像は天外魔境I・II架話 髑髏譚 -SKULL TALE- ebtenDXパック 【Tシャツサイズ:L】より)

 同日販売される「ebtenDXパック」には、人気イラストレーターPansonWorksによるコラボTシャツ、キャラクターデザイン辻野寅次郎氏が描き起こしたデザインをもとに作成した観賞用アイテム「弁天さま 恋の耳かき」、作中でカブキ団十郎が背負っているのぼりをミニのぼりという形で再現した「カブキ団十郎のぼり2本セット」、小説用描き下ろしイラスト2点に、『天外魔境II 卍MARU』のイラスト4点を加えた「ポストカード6点セット」が付属する。

 ebtenDXパックを販売するエンターブレインのオンラインショッピングサイトのエビテンやAmazonでは、それぞれTシャツのサイズで販売ページが作られているので、自分のサイズに合ったTシャツを選ぼう。

Amazon.co.jp 『天外魔境I・II架話 髑髏譚 -SKULL TALE-』 商品ページはこちら
エビテン 『天外魔境I・II架話 髑髏譚 -SKULL TALE-』 商品ページはこちら

ライター/福山幸司

#発売 #サイズ #イラストレーター


『天外魔境I』と『天外魔境II』のあいだを描く原作スタッフによる小説『天外魔境I・II架話 髑髏譚 -SKULL TALE-』が2021年2月11日に発売決定