『あつまれ どうぶつの森』に白い恋人パークをなぞらえた「しろいこいび島」がオープン。可愛らしいマイデザインやお菓子をモチーフにしたホテルなど、見どころ満載

 北海道札幌のお菓子テーマパーク「白い恋人パーク」は、『あつまれ どうぶつの森』内に「しろいこいび島」を制作、そして夢番地を公開し誰でも訪問できるようになったと発表した。

 白い恋人パークは北海道の定番土産である白い恋人の製造ラインが見学できる他、チョコレートの歴史を学べるコンテンツや、オリジナルスイーツが味わえるカフェ、自分だけの白い恋人作りが楽しめる施設。今年、北海道に旅行に来られなかった方、帰省できなかった方、なかなかお出かけできない方に向けて「しろいこいび島」は制作された。

 2020年7月30日に配信された夏の無料アップデート第2弾で追加された「夢の島」という要素が活用されており、ベッドを用意し、公開されている夢番地を入力すれば「しろいこいび島」に行くことができる。夢番地は公式Twitterか公式サイトにて確認していただきたい。

 しろいこいび島には、白い恋人パークを疑似的に楽しめるコンテンツをたくさん用意されている。例えば、白い恋人パークの猫のキャラクター「プルミとラムル」もしろいこいび島の住人。白い恋人パーク内では猫のモチーフを多くみられるが、これは白い恋人がラング・ド・シャというお菓子で、これがフランス語で猫の舌を意味することから来ているという。

白い恋人パーク公式サイトはこちら

文/tnhr

#白い恋人 #お菓子 #ホテル #北海道


『あつまれ どうぶつの森』に白い恋人パークをなぞらえた「しろいこいび島」がオープン。可愛らしいマイデザインやお菓子をモチーフにしたホテルなど、見どころ満載