サンドボックスRPG『テラリア』の最後のコンテンツ追加アップデートが現地時間10月13日リリース。正体不明のNPCに加え、ついにエンドクレジットが追加される

 ゲーム開発会社Re-Logicは、同社の開発するサンドボックスRPG『テラリア』のバージョン1.4.1を現地時間10月13日にリリースすることを発表した。公開されたトレイラーによると、このアップデートが最後のコンテンツアップデートとなる。

 バージョン1.4.1はまずはPCでリリースされ、その後ほかのプラットフォームでも配信予定。ただし、ほかのプラットフォームではメジャーアップデート「ジャーニーズエンド」(バージョン1.4)は実施されておらず、まずはそちらのリリースが適応されることになる。

 バージョン1.4.1では「ファイナルNPC」が追加される予定で、トレイラーではファイナルNPCと思われるキャラクターの姿が確認できる。ほかにも新しい実績、多くのバランスの変更、バグ修正、コスメティックアイテム、そして『テラリア』スタイルのエンドクレジットが追加予定だ。

(画像はYouTube「Terraria 1.4.1, Journey’s Actual end, launching 10-13-2020」より)

 『テラリア』は2011年にPCでリリースされた。『マインクラフト』を2Dにしたゲームという説明がもっともしっくりくるが、リリース当初はよりRPG要素にも力を入れていた。
 それから約10年にわたり継続的にアップデートが行われ、多数のプラットフォームに移植され、2020年5月には最後の大型アップデート「ジャーニーズエンド」がPCに配信(参考記事)。1000種以上の新アイテムやサンドボックスモードと、最高難度を誇る「マスターモード」などが追加された。

 Re-Logicは2020年4月にプラットフォーム全体で3000万本が売れたことが発表。PCで1400万本、コンソールで760万本、モバイルデバイスで870万本が販売されたという。1.4.1でついにエンドクレジットが追加され、ゲームは大団円を迎える。

 Re-Logicは「ジャーニーズエンド」アップデートを最後に同社の次回作へ開発リソースを割いていることを発表している。最後の最後のアップデートがリリースされた後、Re-Logicはどのようなゲームを我々に見せてくれるのだろうか。

『テラリア』 公式サイトはこちら

ライター/古嶋誉幸

#RPG


サンドボックスRPG『テラリア』の最後のコンテンツ追加アップデートが現地時間10月13日リリース。正体不明のNPCに加え、ついにエンドクレジットが追加される