『Fall Guys』がeスポーツ界でも人気を博す。賞金120万円の大会が開催、同時接続数は50万人超規模にも

 この記事はeスポーツとストリーミング配信のデータ分析サイト「ESPORTS CHARTS」より公式に提供されている翻訳記事です。
 eスポーツの最新データや、Twitchなどのゲーム配信界隈に関するさまざまな話題をお届けします。

文責/Daria Belous
出典・翻訳/ESPORTS CHARTS


 『Fall Guys: Ultimate Knockout』(以下、『Fall Guys』)はリリース後わずか1カ月でTwitchで3番目に人気の高いゲームとなり、また本作初となるeスポーツトーナメントも開催。8月24日に開催された「Fall Guys Tournament boosted by LevlUp」は、このゲームで最初の大規模なトーナメントのひとつとなりました。

 ドイツの有名ストリーマー・Trymacs氏がコラボ出演したのもこのイベントの特徴でした。賞金1万ユーロ(約120万円)を賭けたこのトーナメントは、ドイツで最大視聴数7万4000人を記録しました。
 Trymacs氏の配信は6万2000人の同時視聴を記録して最も人気のある配信となり、次いでTisi Schubech氏の配信がピーク時に1万9000人の視聴者を集めました。なお、トーナメントではMehdi氏が優勝しました。

 次のトーナメントの主催者は、有名なストリーマー、スピードランナーで『スーパーマリオメーカー』のクリエーターでもあるDavid “GrandPooBear” Hunt氏です。
 「Fall Guys FallMania Invitational」には3000人以上のプレイヤーからの参加申請があり、賞金総額5000ドル(約52万円)はストリーマー間で分配されず、全額が勝者に贈られました。

 トーナメントではBoxbox氏のストリーミングがもっとも人気を集め、ピーク時には9000人が氏の放送を見ました。主催者であるDavid Hunt氏自身の配信はわずか51人差でBoxbox氏の配信に及びませんでした。
 Thedeezus氏もトップ3入り。同時視聴数も4800人を記録、この大会のチャンピオンにもなりました。ストリームはTwitchのみで配信され、英語圏以外からも視聴されました。

 これらの大会が配信されたTwitchは新作『Fall Guys』の成功を見逃すはずもなく、8月28日から29日にかけて「第1回Twitch Rivals Fall Guys Showdown」が開催されることになりました。

 「Twitch Rivals Fall Guys Showdown」【※】は5時間配信され、ピーク時には56万5000人ものファンに視聴されました。視聴者数ではTwitch Rivalsシリーズの4番目のイベントとなりました。アメリカのストリーマーのみを対象とした大会だったため、主な視聴者は英語圏のファンでした。

※訳注:Twitch RivalsはTwitchがホストするオンライン対戦イベント。Twitchストリーマーや元プロゲーマーなどが参加し、『Fall Guys』以外にも『フォートナイト』や『リーグ・オブ・レジェンド』のトーナメントも行われている。

 最も人気のあるストリーマーはxQc氏で、ピーク時にはTwitch Rivalsの公式チャンネルをも凌ぐ8万人が彼の放送を視聴しました。トップ3としてxQcに続くストリーマーはNickmercs氏とTimthetatman氏で、それぞれの最大視聴数は5万8000人と5万6000人を集めた。最大視聴者数でTwitch Rivals公式チャンネルは4位に留まっており、4万7000人。
 大会はチームCastro_1021が優勝を収め、2万6000人がこの優勝チームの模様を視聴しました。

 Qazaq eスポーツオーガナイゼーションは新プロジェクト「Alaman Stream」を立ち上げ、『Fall Guys』の大会を開催。Qazaqに所属する8人の人気ストリーマーが賞金2300ドルを賭けて戦い、ピーク時には2200人の視聴者が放送を視聴しました。YouTubeがメインのストリーミングプラットフォームでしたが、ブロガーのQ.BRO氏はピーク時に1100人の視聴者を集めました。

 さらにTwitchは、この大会の1週間後にさらに大きなイベントを開催しました。それが「Twitch Rivals Fall Guys Fridays #2」です。この大会ではヨーロッパ地域のストリーマーが招待されたため、多くの言語圏での視聴を確認できました。

 「Twitch Rivals Fall Guys Fridays #2」の最大視聴者数は57万2000人、総視聴時間数では200万時間を記録する結果となりました。

 スペインで人気ストリーマーIbai氏の影響もあり、スペイン語圏からの視聴者は全体の40.9%にも達し、視聴者数はピーク時に8万7000人を超えました。また、スペインで2番目の人気だったThegrefg氏は同時視聴者数8万4000人を記録しました。
 ロシア語圏の視聴者は大会に参加したBuster氏のお陰もあり、全体の11.9%を占めました。Viacheslav氏の配信は3万9000人に視聴され、このイベントのトップ3ストリーマーとなりました。
 一方、英語圏のファンは全体の視聴時間数の10.9%にしかなりませんでした。英語圏でもっとも視聴されたのはTwitch Rivalsの公式放送で、ピーク時2万7000人の視聴を記録しました。

 「Twitch Rivals Fall Guys Fridays #2」は、同時視聴数で見るとTwitch Rivalsシリーズの中で2番目に人気のあるイベントとなり、『Fall Guys』のトーナメントの中で記録を打ち立てました。

 Gamescom 2020で『Fall Guys』のシーズン2が発表されました。既存のマップが中世風の見た目に変更され、同じく中世風の新コスチュームが映像から確認されています。現在の仕様では、参加者たちは別々のロビーに別れてプレイしなければなりません。プライベートロビー機能が拡充されれば、よりよいeスポーツ体験が見込めるでしょう。今回のアップデートにぜひとも期待したいところです。【※】

※訳注:PCGamesNのインタビューにて、『Fall Guys』のゲームデザイナーのジョー・ウォルシュ氏がプライベートロビーやカスタムサーバーの導入を示唆している

 次のトーナメントは9月18日に開催される「Twitch Rivals Fall Guys Fridays #3」です!【※】

※訳注:すでに9月25日、10月2日にもTwitch Rivalsトーナメントが開催された。

「ESPORTS CHARTS」とは

 「ESPORTS CHARTS」とは、eスポーツとストリーミングに関するあらゆるデータを収集・分析するサービスです。
 たとえば「『Fortnite』の配信は世界でどれくらい視聴されている?」「日本のTwitchで、最も視聴されているゲームは何?」「いまアメリカで最も勢いのあるプロゲーマー/配信者は誰?」といった問いについて、公平な数字やデータを用いて裏付けることが可能です。
 全世界の主要なeスポーツ配信のプラットフォームと連携しており、視聴数、最大同時接続数、言語別視聴数など、eスポーツチームやスポンサー、大会主催者からゲームメーカーまで、さまざまな視点からの分析に役立つデータを提供しています。

「ESPORTS CHARTS」公式サイトはこちら

#FallGuys #eスポーツ #翻訳 #ストリーミング #リリー


『Fall Guys』がeスポーツ界でも人気を博す。賞金120万円の大会が開催、同時接続数は50万人超規模にも