『フルーツバスケット』声優17人集結 中村悠一、江口拓也“高校の思い出”で笑わす

 テレビアニメ『フルーツバスケット』2nd seasonの生配信イベントが11日、行われた。17人のキャストとオープニングテーマを担当した #土岐麻子 が参加し、トークや朗読劇などでファンを楽しませた。

 最初のコーナーは「思い出バスケット」ということで、前半・後半にわかれてキャストが物語や自身について語ることに。はつ春と依鈴のシーンをセレクトした古川慎は「なかなかキスシーンを演じることがなくて、いつものフルバメンバーの前でこのシーンを演じることに緊張した」と話すと、 #中村悠一 も「いいよ、このシーン」と絶賛した。

 続いて「変身できるとしたら何の動物になりたい?」という問いに梅原裕一郎は「金持ちの家で飼われている猫。ずっと寝ていたいんですよね…」と回答。「私も!」と他キャストからも賛同の声があがった。

 次に「高校生時代の思い出は?」の問いに中村は、「声優になることを決めていたので、それを学校の先生に言ったらすごい止められてた」と語ると、「え、ド〇〇もんに出たら教えてね、と先生に僕は言われましたよ!」と古川がポツリ。中村は周りのキャストからの賛同が得られず、「ええ〜!?ほんとに?」と笑いを誘った。

 後半では #島崎信長 が、思い出のシーンとして真鍋に透への想いを語るシーンをチョイス。「2nd seasonで由希はすごく成長していて、真鍋という存在が大きい」と話すと、江口拓也は「真鍋は壁がないから、由希も壁を作らなくてすんだんじゃないかな」と互いに男の友情について語った。

 なお、江口は高校時代のエピソードとして「毎日往復20キロ自転車をこいでいて、体力だけ異様についちゃって、それが後々の人生に活きてる!人生体力勝負だな!」と笑わせた。

 イベント終盤は総勢17人のキャストで送る朗読劇となり、タイトルは『モゲ太ゲットなのですっ』。巷で人気を博していたアプリゲーム『モゲ太ンGO』にハマった紫呉から「レアモゲ太を捕まえてきてほしい」と頼まれた透、由希、夾が街に繰り出し、草摩家の人々や生徒会メンバーと遭遇するという物語が展開された。

 最後に主人公・本田透を演じる石見舞菜香は「本来は皆さんにお会いしたかったのですが。また世の中が落ち着いてきたら、是非また一緒に遊びましょう!そして来年はついにThe Finalの放送が決定してますので、ぜひ観ていただきたいです!変わらない熱量で作り上げていますので、一話も逃さずその熱量を感じていただけたらうれしいです!」と伝えた。

■出演した声優陣
本田透:石見舞菜香
草摩由希:島崎信長
草摩夾:内田雄馬
草摩紫呉:中村悠一
草摩楽羅: #釘宮理恵
草摩紅葉:潘めぐみ
草摩はつ春:古川慎
草摩はとり: #興津和幸
草摩杞紗:上田麗奈
草摩燈路:大地葉
草摩利津:河西健吾
草摩依鈴:豊崎愛生
草摩紅野:梅原裕一郎
魚谷ありさ:種崎敦美
花島咲:佐藤聡美
真鍋翔:江口拓也
倉伎真知:加隈亜衣

#バスケット #フルーツバスケット #声優 #中村悠一 #江口拓也


『フルーツバスケット』声優17人集結 中村悠一、江口拓也“高校の思い出”で笑わす