LiSA、劇場版『鬼滅の刃』の主題歌は「作品に寄り添いながら」 下野紘がマッチ具合に驚き

 劇場版『「鬼滅の刃」無限列車編』(16日公開)の東京スカイツリー点灯イベントが11日、同所で開催され、炭治郎役の #花江夏樹 、禰豆子役の鬼頭明里、善逸役の下野紘、伊之助役の松岡禎丞、主題歌「炎(ほむら)」を歌うアーティスト・ #LiSA が参加した。

 テレビアニメシリーズに続き本作の主題歌も担当するLiSAは、作品の魅力について「物語として、もともとすごく魅力的な作品だなと思っていた。そこからテレビアニメになって、みなさんから声が吹き込まれたことによって彼らの絵じゃない魅力もすごく伝わってくる作品となった。アニメーションで呼吸が立体的に描かれることで、新しい魅力もテレビアニメになって感じました」と原作の漫画とアニメの双方の面白さを語っていた。

 「炎」の歌詞を書く際に気をつけたことを問われると「無限列車編は原作の中でもすごく好きなお話だった。私も梶浦(由記)さんも、すごく気合が入った状態で書かせていただいた」と振り返る。「劇場版を楽しみにしてくださっている皆さんが『鬼滅の刃』のみんなの劇場デビューを堪能していただいたものを浸ってお家に帰れるような、ある意味、作品を引きずって帰ってしまうような言葉遣いで作品に寄り添いながら制作させていただきました」とにっこり。

 下野は「予告編で流れるだけで感動が生まれる」と大絶賛。LiSAが「ありがとうございます」と笑顔を見せると、下野は「このタイミングが来るまで、この話を待っていました。絶対に言ってやろうと思って(笑)」と満足げ。「炎」に合わせてスカイツリーは赤く染まり「うれしい。人生初めてですね。こんなことまでさせていただけた。『鬼滅の刃』はすごいですね」と頬をゆるませていた。

 『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた人気漫画が原作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台。炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅に出るストーリー。

 昨年4月から9月にかけてテレビアニメが放送され、“無限列車”に乗り込むシーンで“竈門炭治郎立志編”の物語が完結。最終話からつながる劇場版は、鬼が乗っ取った“無限列車”を舞台に、炭治郎と炎柱・煉獄杏寿郎らが鬼と戦うストーリーが展開。炭治郎たちが任された新しい任務は、煉獄とともに短期間のうちに40名以上の行方不明者を出しているという“無限列車”を捜索する。

#LiSA #主題歌 #鬼滅の刃 #マッチ #魅力


LiSA、劇場版『鬼滅の刃』の主題歌は「作品に寄り添いながら」 下野紘がマッチ具合に驚き