民放ゴールデン帯でアニメ復活、歓喜の声 『ポケモン』放送で「ゴールデンにはアニメが必要」

 テレビ東京系で9日、テレビアニメ『ポケットモンスター』(毎週金曜 後6:55〜)が2018年9月以来(毎週木曜 後6:55〜)、約2年ぶりにゴールデンタイム帯(午後7時〜10時)で放送された。民放で唯一のゴールデンタイム帯のアニメ放送復活もあり、ネット上では歓喜の声があがっている。

 アニメ『ポケモン』シリーズは、1997年4月1日から同局でスタートし、これまでも、放送時間の変更が度々行われてきた。放送当時は火曜午後6時30分からだったが、休止期間を経て、98年4月から2016年3月までは、約18年にわたって木曜午後7時より放送。その後、16年4月から18年9月までは5分間繰り上げて木曜午後6時55分から放送し、18年10月からは約20年半ぶりに曜日移動して、先週まで日曜午後6時から放送していた。

 現在放送中のアニメ『ポケモン』は、シリーズ7作目。

今までに登場したすべての地方が舞台で、それぞれの地方に生息するさまざまなポケモンたちも登場し、W主人公のサトシとゴウが、 #相棒 のピカチュウとヒバニー(※現在はラビフットに進化)とともに各地を冒険する姿が描かれている。

 この日の放送は伝説のポケモン・サンダーが登場し、サトシはゴウにバトルを挑むが、まったく歯が立たず。しかし、そこに居合わせた、いつもは敵のロケット団と共闘して、サンダーゲットに向けて熱いレイドバトルを繰り広げた。

 なお今回、『ポケモン』が放送された毎週金曜の午後6時55分〜の時間帯は、以前『ドラえもん』(テレビ朝日 毎週金曜 後7:00〜 ※現在は毎週土曜 後5:00〜)が放送されていた枠。『ポケモン』に限らず、ゴールデンタイムでアニメを見られることになって、ネット上では「平日ゴールデンのアニメ見るの久しぶりだから、懐かしいなぁと思った」「ゴールデンにお帰り〜」「アニポケから始まる週末というのもめちゃ最高でよいなぁ」「金曜日に見るアニポケも最高でしたね…一週間頑張った後のご褒美…」「やっぱりゴールデンにはアニメが必要だよね」などの声があがっている。

#アニメ #民放 #復活 #ポケモン #ゴールデンタイム


民放ゴールデン帯でアニメ復活、歓喜の声 『ポケモン』放送で「ゴールデンにはアニメが必要」