『ベルセルク』初の単独原画展、来年1月開催 “巨大ゾッド”降臨に向けクラウドファンディング実施

 人気ダークファンタジー漫画『ベルセルク』(著:三浦建太郎)の連載30周年を記念したイベント『大ベルセルク展』が、池袋サンシャインシティ展示ホールAで2021年1月30日〜2月15日に開催されることが決定した。

 同イベントは、ファン待望の初の単独原画展で、圧倒的緻密さと創造力から生まれる原画、歴代のフィギュア作品、映像作品などが一堂に会し、現時点までの集大成となる。具体的には『ベルセルク年代記』(作中での出来事、主要キャラの動向を、原画と年表パネルで振り返る)、『カバーアートコレクション』40巻到達を記念して単行本の表紙原画を一挙公開)、『「名言」「名シーン」コレクション&登場キャラ名鑑』(多くの名台詞・名場面の原画を展示)、『立体物展示、作中名所ジオラマ、実物大キャラクター展示』など。

 また、主人公「黒い剣士」ガッツの好敵手の一翼、「不死者」ゾッドを「召喚したい!」ということで、『大ベルセルク展に巨大ゾッド像を降臨させよう!!』クラウドファンディングを実施。

使徒形態のゾッドを等身大に近い大迫力のスケールで立体化され、イベントの一部として展示する。目標額は1000万円で、支援した人にはリターンとして、クラウドファンディング限定オリジナルグッズがプレゼントされる。

 今回の展示イベントについて三浦氏は「アニメと白泉社関連のイベント以外は、10周年、20周年どころかサイン会の一つすらすっとばしてここまで来てしまいました。ツイッターもブログも無い、現代の漫画家としてどーなのよ、と言われても止む無し」と話しつつ、「ですが今回の30周年は一味違います。溜りに溜った原画の展示もさる事ながら、ベルセルク愛をこじらせたスタッフ一同の手により、楽しい“蝕ランド”が具現化しそうです。コロナ禍の厄払いに“彼なりし亜の刻(とき)、亜なりし彼の地へ”皆様お誘い合わせの上お越し下さい」と呼びかけた。

 同作は、『月刊アニマルハウス』にて1989年に連載がスタートし、その後『ヤングアニマル』に連載の舞台を移し現在も連載中で、コミックス累計4000万部を超える人気作。剣と魔法、そして魔物が存在する世界を舞台に主人公・ガッツの壮絶なる生き様を描いており、1997〜98年にテレビアニメ化、2012年〜13年に3部作で劇場アニメ化、2016〜17年に再度テレビアニメ化された。

#ベルセルク #クラウドファンディング #漫画 #連載 #フィギュア


『ベルセルク』初の単独原画展、来年1月開催 “巨大ゾッド”降臨に向けクラウドファンディング実施