『Mortal Kombat 11』にランボーが参戦決定。ジョーカーやロボコップ、ターミネーターと夢の対戦が実現

 ゲームデベロッパーのNetherRealm Studiosは、同社が開発する格闘ゲーム『Mortal Kombat 11』にシルヴェスター・スタローン氏の演じる「ジョン・ランボー」が登場することを発表した。
 ランボーはアクション映画シリーズ『ランボー』シリーズの主人公で、今作の外見は1982年の『ランボー』(FIrst Blood)をベースにしている。

 『Mortal Kombat 11』には、『バットマン』のジョーカー『ロボコップ』からロボコップ『SPAWN』のスポーン『ターミネーター』からT-800など、さまざまな映画やコミックからキャラクターが登場している。『Mortal Kombat』のキャラクターやこういった版権キャラとジョン・ランボーがどうやって戦うのか今から楽しみだ。

(画像は『Mortal Kombat』公式Twitterアカウントより)

 ランボーを含むキャラクターパック「Kombat Pack 2」は、ランボーのほかに『モータルコンバット』シリーズのミリーナとレインも同梱。11月17日にリリース予定となっている。

 11月17日には、これまでのDLCと「Kombat Pack 2」も入った『Mortal Kombat 11 Ultimate』の次世代機版も海外で発売。前述の版権キャラクターも全て入った完全版だ。「Kombat Pack 2」DLC、『Mortal Kombat 11 Ultimate』とも11月15日から予約スタート。
 Xbox One、PlayStation 4版『Mortal Kombat 11 Ultimate』は無料で次世代機版にアップグレード可能。クロスプレイにも対応する。

 『Mortal Kombat 11』は残念ながら日本では未発売だが、次世代機にも移植が決定しているので、これを機に国内での発売も期待したい。

『Mortal Komabt 11』 公式サイト(英語)はこちら

ライター/古嶋誉幸

#ランボー #ジョーカー #ロボコップ #ターミネーター #格闘ゲーム


『Mortal Kombat 11』にランボーが参戦決定。ジョーカーやロボコップ、ターミネーターと夢の対戦が実現