『Ghost of Tsushima』犬と仲良くなれるように。「冥人奇譚」アップデート後は護符を使って蒙古兵の番犬を味方にすることが可能

 Sucker Punch Productionsは、10月17日に強くてニューゲームや協力マルチプレイを追加する『Ghost of Tsushima』バージョン1.1アップデート「Legends」(冥人奇譚)にて、本編2週目以降にを味方にできる護符が登場することを発表した。

 協力プレイでも精霊の犬を味方にできるので、シングルプレイ、マルチプレイ両方で犬を愛でることができる。蒙古兵が連れた番犬を殺すことが心苦しいと感じていた方は、この護符を使うことで2週目では彼らを殺す必要がなくなる。

(画像はTwitterより)

 『Ghost of Tsushima』は、モンゴル帝国が日本に侵攻してきた元弘の乱をテーマにしたオープンワールドアクションゲームだ。広大な対馬の土地で、主人公境井仁が復讐のために侍の誉れを捨てて無数の蒙古兵たちと戦う。

 「Legends(冥人奇譚)」アップデートでは、同作に協力マルチプレイが搭載。本編では仁の物語が展開されたが、協力プレイでは対馬の民に語り継がれてきた4人の冥人が主役に。日本の古い民話や伝説に触発された怪奇と幻想の世界で、激しい戦闘が楽しめる。
 ふたり協力プレイのストーリーモード、4人のチームを組んで戦うサバイバルモードやレイドミッションなど、異なるゲームモードが用意されている。

 協力プレイでは正面を切って戦う近接戦が得意な侍や、弓矢が得意な弓取など、能力の異なる4種のキャラクターからひとりを選び、協力して敵と戦う。4人の冥人のうちのひとりである牢人は、犬の式神を召喚して戦いに加勢。このシステムが本編にも輸入されて、蒙古兵の番犬とも仲良くなれるようだ。

※先日公開された『Ghost of Tsushima』アップデート「Legends」(冥人奇譚)の映像

 犬も愛でられることでさらにパーフェクトになる『Ghost of Tsushima』のメジャーアップデート「Legends(冥人奇譚)」は10月17日リリース予定だ。

『Ghost of Tsushima』 公式サイトはこちら

ライター/古嶋誉幸

#GhostofTsushima #番犬


『Ghost of Tsushima』犬と仲良くなれるように。「冥人奇譚」アップデート後は護符を使って蒙古兵の番犬を味方にすることが可能