『428』『タイムトラベラーズ』などを手掛けたイシイジロウ氏の著書「IPのつくりかたとひろげかた」が10月25日に発売へ。ゲームIPを立ち上げ次世代へと引き継ぐための要点をまとめた一冊

 星海社新書は、イシイジロウ氏の著書「IPのつくりかたとひろげかた」商品リンク)を10月25日に発売すると発表した。Amazon.co.jpでは10月26日にリリース予定、価格は1078円となっている。

 イシイジロウ氏は1967年生まれのゲームクリエイター。アドベンチャーゲームを中心にシナリオ、監督、プロデュース、ディレクションなどをこれまで務めてきた。

 担当作品としては、チュンソフトで『3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!』を監督として、『428 〜封鎖された渋谷で〜』を総監督として、またレベルファイブにて『タイムトラベラーズ』をディレクターとして手掛けてきた。
 また2014年には独立し、2015年に株式会社ストーリーテリングを設立。近年は『文豪とアルケミスト』の世界設定監修、セガの『新サクラ大戦』のストーリー構成などを担当している。

 そんなイシイ氏が記した本著は、ゲームのIP、いわゆる作品の知的財産にフォーカスした一冊。

「作品を次世代に引き継ぐには世界観IPへのアップデートが必要だ!」というキャッチコピーのもと、シリーズ化して後世に残る作品と、続編が失敗して忘れられてしまう作品の違いについて考える作品となっている。

 イシイ氏はこの問題について、「世界観IPになっているか」かどうかに要点があるとコメント。作品が世界観IPになるためには、ストーリーが面白いこと(=ストーリーIP)は大前提だが、さらに愛されるキャラクター(=キャラクターIP)を立て、その上でキャラクターが入れ替わっても魅力が失われないシステム(=世界観IP)を打ち立てる必要があると伝えている。

Amazon.co.jp 「IPのつくりかたとひろげかた」 商品ページはこちら

文/ishigenn

#著書 #発売 #星海社 #新書 #Amazon


『428』『タイムトラベラーズ』などを手掛けたイシイジロウ氏の著書「IPのつくりかたとひろげかた」が10月25日に発売へ。ゲームIPを立ち上げ次世代へと引き継ぐための要点をまとめた一冊