Razerが世界初の光るVISAプリペイドカード「RazerCard」を発表。決済時に緑に発光するゲーミングな1枚、クエストをこなすことで報酬が手に入る要素も

 マウスやキーボードなどゲーミングハードウェアを開発するRazerの金融部門Razer Fintechは、Visaと提携して新しいプリペイドカード決済ソリューション「RazerCard」発表した。

 ベータテストが実施予定で、12月31日までシンガポールにて1337人のユーザーが対象となるという。テスト後は、世界中でサービスを拡大する予定。東アジアマーケットを中心にサービスを展開するようなので、じきに日本でもサービスが始まるかもしれない。

(画像はRazer公式サイトより)

 RazerCardは世界6100万のVisa加盟店で利用できるVisaプリペイドカードで、プレスリリースによると「世界初の光るプリペイドカード」だとされている。Razerのテーマカラーである黒いカードにはRazerロゴが刻印されており、決済時にはロゴがRazerのテーマカラーである緑色に光る。

 この決済時に光るプレイミアムカードのほかに、光らないベーシックカード、そしてスマートフォンアプリとして使うデジタルカードも用意されているそうだ。

 もちろんカードを使った決済はゲーム用途に限るわけではないが、RazerCardは世界初のゲーミングプリペイドカードと言えるだろう。光るだけではなく、本カードは決済時に1パーセントのキャッシュバックが付く通常のロイヤリティプログラムと、Razer Payアプリを介した独自の報酬プログラムを搭載。選択したタスク類、つまり「クエスト」をクリアするとスコアが手に入り、それを使って報酬が得られるそうだ。

 どういったクエストや報酬があるのかは明かされていないが、あくまでトランザクション(売買)ベースのようなので、このカードを使ってクエストに挑む場合、使いすぎには要注意だろう。なおRazerは現地時間10月11日より、Razer製品やゲームのイベント「RazerCon 2020」の開催を予定している。

「RazerCard」 公式発表ページ(英語)はこちら

ライター/古嶋誉幸

#プリペイドカード #世界 #世界初 #VISA #報酬


Razerが世界初の光るVISAプリペイドカード「RazerCard」を発表。決済時に緑に発光するゲーミングな1枚、クエストをこなすことで報酬が手に入る要素も