『Ghost of Tsushima』協力マルチプレイモードを含むアップデートは10月17日より配信へ。本編クリア済みの人に向けた「二周目」モードも追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、発売中のPlayStation 4用ソフト『Ghost of Tsushima』に関して、協力型のオンラインマルチプレイモード「Legends(冥人奇譚)」を含む無料アップデート「Version.1.1」を10月17日(土)より配信すると発表した。
 あわせて、アップデートの内容を約1分30秒の映像で伝える紹介映像も公開されている。

 10月17日(土)から配信される「Legends(冥人奇譚)」は、本編で展開されてきた「境井 仁(さかい じん)」と仲間たちの物語とは異なり、対馬の民に語り継がれてきた伝説へ登場する「4人の冥人(くろうど)」の戦いが描かれる。美しいオープンワールドの対馬が舞台の本編から変わって、本モードでは日本の古い民話や伝説に触発された怪奇と幻想の世界で、協力プレイと激しい戦闘アクションを楽しめるものとなっている。

 プレイする際には、それぞれ異なる特技や奥義をもつ4種の“役目”(キャラクタータイプ)からひとつを選択。

敵と正面を切って戦い、奥義「八幡の怒り」による連撃で多勢の敵を撫で斬りにする「侍」をはじめ、遠距離から敵の勢いを抑え、奥義「内経の眼」で矢継ぎ早に敵の頭を貫く「弓取」、奥義の「闇烏」で敵の虚を突き、大ダメージを与える一撃を放つ「刺客」が存在する。

 このほか、奥義「伊邪那美の息吹」で倒れた仲間を蘇生できる「牢人」は、犬の式神を召喚して戦いに加勢させることも可能。もちろん、式神の頭を撫でることもできるという。上記の“役目”をもつ冥人たちは、ふたりプレイ用のストーリーミッション「奇譚」や4人チームで押し寄せる敵勢を撃退するサバイバルミッション「九死」で活躍する。

 また、本アップデートの配信から数週間後には「奇譚」と「九死」で鍛えた技量と収集した武具をたずさえて、最強の敵へ挑む最高難易度のミッション「大禍」も配信される。リリース文によれば「大禍」は3つの幕に分かれているため、状況に応じた4人チームでの連携が攻略の鍵となることだろう。

 さらに、本編をすでにクリア済みの人に向けた「二周目」(ニューゲームプラス)も発表されている。本モードでは、強力な効果をもつ新規の「護符」や「二周目」にのみ出現する「幻の花」と交換で新たな染色・装束を提供する商人が出現。「二周目」プレイ専用のトロフィーも追加される。

 本文中で紹介できなかった要素を含む、新機能の紹介および『Ghost of Tsushima』の商品概要は以下のとおり。なお、マルチプレイモードの利用にはゲーム本編とインターネットへの接続環境および「PlayStation Plus」の利用権が必要となる点に注意が必要だ。

■オンライン協力型マルチプレイモード「Legends/冥人奇譚」
「Legends/冥人奇譚」は、『Ghost of Tsushima』本編で展開された境井 仁(さかい じん)と仲間たちの物語とはまったく異なり、対馬の民に語り継がれてきた伝説に登場する「4人の冥人」の戦いを描いたオンライン協力プレイ専用モードです。美しいオープンワールドの対馬が舞台のゲーム本編から一変して、日本の古い民話や伝説に触発された怪奇と幻想の世界で、協力プレイと戦闘アクションをお楽しみいただけます。
「Legends/冥人奇譚」には、2人プレイのストーリーミッション「奇譚」と 4人プレイのサバイバルミッション「九死」が用意されています。また、レイドミッション「大禍」を後日配信予定です。
▼役目
「Legends/冥人奇譚」には、4種の“役目”(キャラクタータイプ)があり、どの役目にも独自の特技や奥義があります。それぞれ最初から使える特技に加え、力をつけるにつれて新たな特技が使えるようになっていきます。さらに、特定の役目だけが使える護符や飛び道具も登場します。
・侍

侍は、正面切って戦い、その場を守る役目です。体力を保ちながら、近距離の敵を斬り裂きます。多勢の敵には、奥義「八幡の怒り」を使えば八幡の加護による神速の連撃で敵を撫で切りにできます。
・弓取

弓取は、遠距離から味方を助け、敵を射貫く役目です。破裂矢によって敵の勢いを止めたり、乱戦のさなかには、奥義「内経の眼」で矢継ぎ早に矢を放って敵の頭を貫いたりできます。
・牢人

牢人は、奥義の「伊邪那美の息吹」で倒れた仲間を全員蘇生することができます。また、犬の式神も召喚して戦いに加勢させることができます(※もちろん犬の式神も撫でることができます)。
・刺客

刺客は、敵に大ダメージを与える強力な一撃を放つことができます。奥義の「闇烏」は敵に気づかれずに素早く移動し、相手の虚を突くことができます。
▼ゲームモード
・「奇譚」(ストーリーミッション)
2人プレイ用のストーリーミッション「奇譚」では、語り部の伝える“対馬であった真の事”の物語を体験します。高い難易度を解放することができれば、そこで新たな敵や手ごわい敵と出会い、ボーナス目標が与えられ、貴重な褒美を得ることができます。
・「九死」(サバイバルミッション)
「九死」では 4人のチームを組み、対馬各地の要所を守りながら押し寄せる敵勢を撃退します。プレイヤーたちは、近くの敵を炎上させたり、熊の式神を召喚したりといった助けを得ることができる“恵み”を活用しながら戦います。長く生き延びるほど、また、多くのボーナス目標を完了するほど、一層多くの褒美を得ることができます。
・「大禍」(レイドミッション)
対馬を襲った災厄の深奥に辿り着くため、「奇譚」と「九死」で鍛えた技量と収集した武具を纏い、般若のつかさどる国へと 4人チームで突入します。「大禍」は三幕からなる最高難易度のミッションで、攻略するには仲間との連携が必須となります。「大禍」は、「Legends/冥人奇譚」の配信から数週間後に配信を予定しています。
▼その他の機能

「Legends/冥人奇譚」にはたくさんの装具が用意されており、難易度の高いミッションをクリアするほど希少で強力なものを入手できます(装具はすべてゲームプレイによって入手可能で、課金要素はありません)。また、それぞれの役目で経験を積み重ねるごとに、新たな技を習得できます。
また、「Legends/冥人奇譚」用に新たなトロフィーも追加しています。
ゲーム本編でも好評を博したフォトモードは、「Legends/冥人奇譚」でも使用可能です。獲得した自慢の面や装束、エモートで、ぜひ記念の一枚を撮影してみてください。
■シングルプレイ(本編)の追加要素
プレイヤーの皆さまから頂いた声を反映し、従来のシングルプレイモードにも数々の追加要素が加わりました。
▼「二周目」(ニューゲームプラス)

『Ghost of Tsushima』本編をすでにクリアした方は、「二周目」でメインクエスト「仁之道」をもう一度プレイできるようになります。「二周目」は初回のゲームクリア時点で獲得した技・兵具・装具はすべて所持した状態から始まり、難易度も上昇します(難易度設定は変更可能です)。
「二周目」では、燃えるような赤いたてがみを持ち、特製の鞍をつけた特別な馬も使用可能になる他、刀・弓・装束の性能をさらに上げることも可能になります。また、必殺の一撃を見舞ったり、これまでとは違った流儀で戦ったりできるようになる、非常に強力な効果を持った護符が新たに登場します。また、新たに「幻の花の商人」が登場するようになります。 「二周目」にのみ登場する「幻の花」と呼ばれる新たな花と交換で装束を新たな色で染めたり、「二周目」専用の装いを手に入れることが可能です。「幻の花の商人」からは新たな護符も購入できます。
さらに、「二周目」プレイ専用の新しいトロフィーも追加となりました。
▼その他の機能

ライター/ヨシムネ

『Ghost of Tsushima』公式サイトはこちら

#GhostofTsushima #ソニー・インタラクティブエンタテインメント #SIE #発売 #PlayStation4


『Ghost of Tsushima』協力マルチプレイモードを含むアップデートは10月17日より配信へ。本編クリア済みの人に向けた「二周目」モードも追加