『マインクラフト』山岳と洞窟を大きく変更する「The Caves & Cliffs」アップデート発表。アーティファクトを発掘する「ブラシ」、新たなモブ「ウーパールーパー」など追加

 『マインクラフト』の大型イベント「Minecraft LIVE」にて、大型アップデート「The Caves & Cliffs」発表された。

 このアップデートには、「洞窟」の生成方法の刷新のほか、2019年にファン投票で決定したバイオーム「山岳」への変更を含んでいる。リリースは2021年中が予定されているとのこと。

 「The Caves & Cliffs」アップデートでは、草木が生い茂った洞窟や鍾乳洞など、個性豊かな洞窟が生成されるようになる。「Minecraft LIVE」では、草木のツルや足場になる「ドリップリーフ」が生い茂った洞窟や、滝や地底湖、アメジストや落ちたらダメージを受ける尖った鍾乳石のある洞窟が紹介された。

 また新たに銅鉱床にも調整が加わり、銅のブロックは時間が経つと少しずつ酸化し徐々に緑色に変化するようになる。銅を使って新たなアイテム「避雷針」を作ることもできるようになるようだ。

(画像は『マインクラフト』公式サイトより)

 このほか山岳のアップデートでは、新たな動物の「ヤギ」が追加される。ヤギは崖や山を登るために高いジャンプ能力を持ち、プレイヤーを突撃して崖からたたき落とす気性の荒い生物だ。

 また、「パウダースノー」と呼ばれるブロックも追加予定。見た目は通常の雪だが、プレイヤーやほかのキャラクターが乗ると崩れて下に落ちてしまうトラップブロックだ。これらの新要素で登山はより難しいものとなるだろう。

 新たな敵キャラクター「ウォーデン」も追加される。おもに暗い洞窟に生息しているようで、さまざまな音に反応する敵だ。動画内では雪玉を投げた音に反応し、プレイヤーではなく音の鳴った方にのろのろと歩いて行く姿が確認できる。

(画像は『マインクラフト』公式サイトより)

 かわいい「ウーパールーパー」の登場も予告された。ウーパールーパーはかわいらしい見た目の生き物だが、肉食でほかのモブやプレイヤーに襲いかかる。バケツで捕まえられるという。

 さらに歴史とストーリーに深みを与える「採掘」要素が追加される予定で、新たに追加される「ブラシ」を土や砂利に使うことで、ブロックの代わりにさまざまなアーティファクトが手に入るという。

 また震動に反応するレッドストーン関連装置「スカルクセンサーブロック」、遠くを見渡せる「望遠鏡」、さらにゲームシステムとして複数の異なるアイテムをまとめる「バンドル」も登場する。

(画像は『マインクラフト』公式サイトより)

 『マインクラフト』大型アップデートとなる「The Caves & Cliffs」は2021年リリース予定だ。

『マインクラフト』 公式サイト(英語)はこちら

ライター/古嶋誉幸

#洞窟 #マインクラフト #発掘 #2019年 #投票


『マインクラフト』山岳と洞窟を大きく変更する「The Caves & Cliffs」アップデート発表。アーティファクトを発掘する「ブラシ」、新たなモブ「ウーパールーパー」など追加