アニメ「神達に拾われた男」第1話、田所あずさが歌う癒やし系なオープニングに反響「めっちゃ優しい声」

▲声優・田所あずさ 「ヤサシイセカイ」ジャケット

 秋アニメ「神達に拾われた男」が10月4日から放送開始した。主人公のリョウマ役を演じる声優・田所あずさが歌うオープニングテーマ「ヤサシイセカイ」が初公開され、話題を集めている。


 「神達に拾われた男」は、同名ライトノベル(原作:Roy/イラスト:りりんら)が原作。39歳の若さで亡くなった後、神の祝福を受けて異世界で少年の体に生まれ変わった主人公・リョウマ(CV:田所あずさ)が活躍するストーリーだ。

 オープニングテーマ「ヤサシイセカイ」(11月11日リリース)は、異世界へ転生したリョウマの気持ちにシンクロするような歌詞が耳に残る。

田所あずさの優しい歌声と穏やかなメロディも見事にマッチした楽曲だ。Twitter上では「最近の傾向と違って新鮮」「OPからマイナスイオン出てる」「歌詞が優しい世界〜で終わるとか最の高よ…」「今期ナンバーワンの癒し系OPなのでは…?」「めっちゃ優しい声…素敵じゃん」など称賛の声が相次いでいた。

 田所は同楽曲について「リョウマくんが少しずつ報われていくような、聴いた人があったかい涙を流せるような曲にできたらいいなぁと思いながら制作させていただきました!でも、ただ優しいあたたかいだけじゃなく、辛い過去を生きてきたからこそ、じわっと染み入ってくるような分厚い楽曲になっていると思います!」と番組公式サイトにコメントを寄せている。

第1話「スライムたちとリョウマ」
【あらすじ】

ブラック企業に勤める竹林竜馬は39歳で早死。しかし、天界で3柱の神の祝福を受け異世界で少年の体に生まれ変わる。森の中に住むことになったリョウマはスライム研究にのめり込み、いつの間にか1000匹以上と暮らすようになっていた。ある日、森の中で出会ったラインハルト公爵と護衛たちの一人が大怪我をしているのに気付き治癒薬を差し出し家で休むように招き入れるが、公爵たちはリョウマのスライムとの生活ぶりに驚く…。

(C)Roy・ホビージャパン/『神達に拾われた男』製作委員会

#あずさ #アニメ #癒やし #反響 #声優


アニメ「神達に拾われた男」第1話、田所あずさが歌う癒やし系なオープニングに反響「めっちゃ優しい声」