『少年ジャンプ+』プロ漫画家向けの作品募集企画開始 連載会議で落ちたネームなども可能

 集英社は5日、プロの漫画家に向けた作品募集企画『NEXTステップ作品募集』をスタートさせた。

 これは、「プロ漫画家の方の次の作品発表の場として、『少年ジャンプ+』を検討してほしい」との思いから、漫画アプリ『少年ジャンプ+』が企画したもの。5日〜11月30日までの期間限定で、第2回となるプロの漫画家を対象とした作品募集をスタートさせた。

 昨年10月におこなった第1回では多数の応募があり、連載が3人、読切が6人決まった。応募作品は完全に非公開とし、ペンネームの公表もしない。作品は過去にほかの雑誌などに掲載されたものでも応募可能で、連載会議で落ちたネーム、打ち合わせで上手くいかなかった作品、読切として1度掲載されたが連載まで行かなかった原稿、家で眠っているオリジナル同人誌など幅広く募集する。

 また、作品応募者には、『少年ジャンプ+』の編集者が必ず返信。

現在『少年ジャンプ+』で『道産子ギャルはなまらめんこい』を連載している作者・伊科田海氏は「自分が他誌(紙の週刊少年雑誌)から『少年ジャンプ+』に移り、強く感じるのは『自由度の高さ』と『反響の多さ』です」と経験談を説明する。

 「紙の漫画雑誌と比べてWEBの漫画媒体の強みは連載頻度やページ数、作品のジャンルや表現方法等の自由度が高い事だと思います。そしてその中でも『ジャンプ+』は読者も格段に多いので、たくさんの反応をいただけます。反響の具体例として自分のTwitterのフォロワーはこの連載で現在までに3万6000人以上増えました。いろんな作家さんのライフスタイルに対応できてなおかつ、あらゆる可能性を秘めた漫画媒体だと思います」と伝えた。

 応募資格は、商業誌(WEB 商業誌含む)に2年以内に連載ないし読切で掲載されたことがある人(※連載経験がまだない読切掲載のみの方も可能)などで、詳細は要確認。

#漫画 #プロ #漫画家 #少年ジャンプ#連載


『少年ジャンプ+』プロ漫画家向けの作品募集企画開始 連載会議で落ちたネームなども可能