高橋洋子、エヴァ初号機の手の平で「残酷な天使のテーゼ」歌唱「本当に幸せです」

 人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(以下、エヴァ)のオープニングテーマ「残酷な天使のテーゼ」で知られる歌手・高橋洋子が3日、京都・東映太秦映画村で行われた新アトラクション『エヴァンゲリオン京都基地』のオープニングイベントに出席した。

 映画のテーマパーク・東映太秦映画村にオープンした同アトラクションは、京都に使徒反応があり、太秦の地に<エヴァンゲリオン京都基地>を建設したNERVが、新しいパイロットを公募するというストーリー設定。LCLのプールから上半身をのぞかせた高さ15メートルのエヴァンゲリオン初号機のエントリープラグ(コックピット)と手のひらに乗ることができる、体感型かつフォトジェニックなアトラクションとなっている。

 高橋は初号機の手の上で「残酷な天使のテーゼ」を披露。一目見ようと集まった300人のファンから、手拍子が巻き起こった。

 高橋は、初号機の手の平で歌ったことについて「こんな貴重な機会をいただけると思ってなかったので、25年間歌わせていただけて本当に幸せです。

1995年10月4日にスタートした“エヴァンゲリオン”も次の映画が最後となりますが、皆さん、これからも応援よろしくお願いします! ありがとうございました!」と笑顔。

 エントリープラグに乗った感想については「いやもう本当に洋子のシンクロ率の高さは…本当に…これ以上は言えないんですが、ごめんなさい! 皆さんも実際に体験してみて下さい!」とファンの期待をあおっていた。

#エヴァンゲリオン #太秦 #東映 #太秦映画村


高橋洋子、エヴァ初号機の手の平で「残酷な天使のテーゼ」歌唱「本当に幸せです」