iOS版『原神』の「クリップボードに保存された情報を読み取る」機能に関してmiHoYoが正式回答。テスト用コンソールを呼び出すための機能だった

 中国・上海に本部を置くmiHoYoの日本法人は9月30日(水)、iOS版『原神』「クリップボードに保存された情報を読み取る」機能に関する正式な回答を示した。なお、miHoYoは回答が示された時点で本機能の削除申請をApp Storeへ提出しており、Apple社の審査が通過され次第、完全に削除される予定だ。

 9月28日には、PC版『原神』のアンチチートプログラムに関する問題が浮上しており、miHoYoは同日中に「ゲームを起動していない間に不正プログラムをゲームパッチへ植え付ける行為を防止する目的があった」と説明したうえで陳謝。以後12時間以内に本問題を修正している。

 今回の問題はApple社のスマートフォン端末「iPhone」へ向けて配信された、新バージョンのオペレーティングシステム「iOS 14」のプライバシー機能によって明らかとなった。本機能はユーザーのコピー&ペーストの手間を省くために取得されるクリップボードの情報を取得した旨を通知するものだが、PC版と同様に「不正にユーザーの情報を読み取っている」との指摘からSNS上で不安の声が広がった。

 miHoYoは今回の問題について「iOS版にのみ存在する問題」との前提で「各システムをテストするため、テスト版へ設置していたコンソール機能のなかに、指定されたコードをゲーム内へコピーしてコンソールを呼び出す」“起動キー”の役割があったとの経緯を説明。クリップボードの情報を読み取っていた事実と機能が削除されないまま配信されてしまっている不手際を陳謝した。

 「iOS 14」のプライバシー機能は、ショートビデオプラットフォーム「Tiktok」や、ホテルのオンライン予約サービス「Hotels.com」などのアプリが無断で情報を読み取っていた事実の判明を受けて追加されたものだ。iOS版『原神』で指摘された本問題は、喫茶店のスターバックスやメディアショップのゲオ、大手CDショップのタワーレコードなどさまざまなアプリで発生している。

 なお、クリップボードの情報を取得する機能は「UIPasteboard」と呼ばれており、アプリ本体ではなく、アプリへ導入されたライブラリ(再利用できるプログラムの集まり)に組み込まれた機能が意図せず作動している不具合の可能性も含まれるため、本件以外の場合でも一概に「意図をもってクリップボードの情報を読み取っている」とは断定できない。

 miHoYoは情報の取得について「読み取った情報に対して処理、保存、アップロードなどの操作は一切行っていない」との回答を示した。ただし、Apple社の審査は一定の時間を要するため、問題の収束にはもう少し時間がかかりそうだ。

ライター/ヨシムネ

『原神』の公式サイトはこちら『原神』の公式Twitterアカウントはこちら

#iOS #テスト #削除 #中国 #上海


iOS版『原神』の「クリップボードに保存された情報を読み取る」機能に関してmiHoYoが正式回答。テスト用コンソールを呼び出すための機能だった