下野紘と内田真礼が“声優力”の限界に挑戦!?誰もが知るあの童謡に「ラが多すぎる!」と 悲鳴

 テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は、「アニメLIVEチャンネル」において、2020年9月29日(火)の夜10時から夜11時30分にわたり、『声優と夜あそび 火【下野紘× #内田真礼 】#15』を配信した。本配信では、誰もが知っている童謡の歌詞を子供や動物などのキャラクター風に読み上げる新コーナー「声優七変化」や、闇深いイラストのタイトルを当てる「いらすとや 闇クイズ」、火曜恒例の人気コーナー「ダミヘヒーリング 食欲、芸術、読書…キミは何の秋?」などのコーナーを行なった。

下野紘、“ラ”に思わぬ苦戦!?

 本配信では、前回(#14)から始まった新コーナー「声優七変化」を行なった。

このコーナーでは、誰もが知っている童謡の歌詞を、スタッフから提示された“キャラクター”風に朗読する……というもの。今回は、視聴者からイラスト付きで送られてきたキャラクターを使って朗読をしてゆく。

 内田の最初のお題は「ひなまつり」。“新米警察官”のキリッした口調や、“未亡人”の沈んだ口調、“キャバ嬢”のユルい口調、“激怒しているヒヨコ”の甲高い声など、内田さんなりのキャラクター解釈をもとに調子を変えて巧みに演じ分けた。視聴者から送られてきたお題に、下野は「すげー!いろいろあるね!」と驚きの声をあげ、内田も「前よりも幅が広がっているから難しい!」と話した。

 続く下野は「紅葉」に挑戦。最初は“執事”というキャラクターで落ち着いた口調の下野だったが、お題は“何かを食べている人”、“ガタイのいいオネエメイド”などの突飛なキャラクターに変化。驚きつつも何とか読み上げを終えた下野は「ガタイのいいオネエメイドってなんだよ!?」と思わず全力ツッコミを入れつつ、「でも、オネエメイドのイラスト、めっちゃいいね!」と視聴者から寄せられたイラストを称賛した。

 内田の2回目のお題は「蛍の光」。“クラスのイケメンメガネ男子”や“誘惑してくる女上司”などを情感たっぷりに表現したり、“ブタ”や“眠いうさぎ”などの動物キャラクターを可愛く表現。

 そして下野の2回目のお題は「アルプス一万尺」。よく子供の手遊びで使われる歌ですが、歌詞のほとんどは「ランララ ララララ」という言葉ではないもの。そんな「アルプス一万尺」の歌詞を、“パリピなじーちゃん”や”17歳鬼畜ドS美少年“、“ニワトリ軍曹”、そして“ガタイのいいオネエメイド”などのインパクトが強いキャラクターで懸命に読み上げた下野。席に戻ると「ラが多い!!」と語りつつ「すっげー悔しい……」「せめて歌詞であってほしかった!」と納得のゆく表現にならなかったことに悔しさを滲ませた。「今日のキャラクターを残しておいてほしい」とリベンジを誓う下野に、視聴者からも「真面目!」「違う歌詞で、もう一回見せてほしい!」「下野さんのリベンジ初めて!」などのコメントが寄せられた。

#声優 #内田真礼 #童謡 #挑戦 #アニメ


下野紘と内田真礼が“声優力”の限界に挑戦!?誰もが知るあの童謡に「ラが多すぎる!」と 悲鳴