保住有哉・関智一・森久保祥太郎がホスト姿に!撮影会で奇跡のキメ顔を激写!?

 テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は、「アニメLIVEチャンネル」において、2020年9月25日(金)の夜10時から夜11時30分にわたり、『声優と夜あそび 金【関智一×森久保祥太郎】 #14 保住有哉がゲストに登場!』を配信した。本配信では、ゲストに保住有哉をゲストに迎え、特別企画「パラホスでアゲアゲNight SP」を実施。保住とMCの森久保が参加している音楽プロジェクト『パラホス』を紹介する「世界中が注目するモンスターコンテンツ パラホス」や、プロのカメラマンにホスト風の写真を撮影してもらう「No1は誰だ!?ホスト写真撮影会!」、3人でパラパラに挑戦する「輝夜にパラパラを教わろう!」、コールを入れながらカラオケを楽しむ「全力!合いの手カラオケ」などのコーナーを行なった。

ホストになってアゲアゲ↑↑夜あそび!

 本配信では、ゲストの保住有哉、MCの関、森久保の3人がホストに扮して登場。保住と森久保が参加している音楽プロジェクト『パラホス』の紹介を行った。『パラホス』は「ポニーキャニオン」と「Hifumi,inc」による“パラパラ×ホスト”の音楽エンターテイメント。保住は輝夜慧役、森久保はLOKI.役で出演しており、MVでは声優自身がパラパラを踊る映像も収録されている。

 そんな2人と“新人ホスト”に扮した関を交え、「No1は誰だ!?ホスト写真撮影会!」のコーナーを実施。大勢のホストや俳優の宣材写真を撮影してきた“ホスト写真家”の綾瀬凛氏に、ホスト風の写真を撮影してもらった。

 まずは、保住が撮影に挑戦。小道具としてサングラスを使い、少しずらして色気のある目線を投げかけたり、舌を出したりと、ノリノリでポーズを決めてゆく。綾瀬氏も「可愛い!」「エロスが出ている!」「欲しがりな表情で!」と巧みな声掛けで魅力を引き出した。

 続く森久保は、レトロな黒電話を小道具にチョイス。「劇団時代、小道具使いの祥太郎って呼ばれていましたから」と自信満々で撮影に臨んだ。アーティストとして撮影にも慣れている森久保は、「俺のところに来ないか?」と電話での営業をイメージしたポーズとキメ顔を披露。保住も「絵になってますね!」と大先輩の魅力を間近で実感していた。

 最後の関は、最初は“おかめ”のお面を小道具に選び写真を撮影。少し切なげな表情の関と笑顔のお面との対比が何とも言えないシュールな写真が出来上がる。しかし、懐から煙草を取り出した関は本気の写真撮影を開始。綾瀬から「昔のホストのポーズ」として、足を開いて煙草を片手に目線を向けるポーズを伝授されると、キリっとしたキメ顔を披露。大人の渋い魅力が詰まった写真に、森久保と保住から「かっこいい!」と歓声が上がった。

 撮影した写真は、さらに綾瀬氏の手によって加工が施され本格的な“ホスト風”に。3人の魅力が存分に引き出された写真に、視聴者からも「かっこいい……」「キメ顔が素敵すぎる!」「このお店に行きたい!」という多くのコメントが寄せられた。

#関智一 #ホスト #奇跡 #アニメ #チャンネル


保住有哉・関智一・森久保祥太郎がホスト姿に!撮影会で奇跡のキメ顔を激写!?