『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』のアップデートが10月14日に実施。クリアが困難になる新難易度「ノーフューチャー」が追加

 スクウェア・エニックスは、ニンテンドースイッチ、PS4、Steamで配信中の『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』のアップデートを2020年10月14日に実施することを発表した。また、オリジナル版の『聖剣伝説3』の25周年を記念し、主人公キャラクターの人気投票や『聖剣伝説』シリーズ作品のダウンロード版セールを開催することも発表した。

 『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』は『聖剣伝説』シリーズの3作目として発売されたアクションRPG『聖剣伝説3』のリメイク版。グラフィックの向上、キャラクターボイス対応、アレンジ楽曲の収録、新成長システム、追加エピソードなど、現代にむけてフルリメイクされた作品だ。

 今回のアップデートの注目点は新難易度「ノーフューチャー」の追加だろう。敵、特にボスが強くなり、クリアが非常に困難に。この難易度は「強くてニューゲーム」時のみ選択可能となっており、レベルは1に戻る。アイテムやアビリティに制限がかかってしまうが、新たな2つのリングアビリティは「操作していない味方が戦闘不能にならずHP1で耐える」、「バトル終了後、味方全員のHPを100%回復する」という効果を持っており、非常に強力だ。

 「ノーフューチャー」のクリア後のストーリーを最後までプレイすると「ラビのスリッパ」を獲得することができる。この可愛らしいスリッパを獲得するために、ぜひ腕に自信のある方は新難易度に挑戦していただきたい。

『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』公式サイトはこちら

文/tnhr

#伝説 #スクウェア・エニックス #ニンテンドースイッチ #PS4 #Steam


『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』のアップデートが10月14日に実施。クリアが困難になる新難易度「ノーフューチャー」が追加