マンガの“ボツ企画”よみがえらせます 双葉社「プロのためのセカンドオピニオン」の第3回が開催

 双葉社が行っている、マンガのボツ企画復活プロジェクト「プロのためのセカンドオピニオン」の第3回が開催されます。募集期間は2020年10月1日から31日までです。
 「プロのためのセカンドオピニオン」は2019年1月に第1回が開催されました。第1回から100人以上もの応募があり、連載は7作輩出。つづく第2回は2019年10月1日から募集が行われ、連載は2作輩出しています。
 前回から1年ぶりとなる第3回も、プロを対象に作品募集が行われます。このため最初の応募条件は「一度でも商業誌の誌面(アプリ・電子連載も可)に掲載されたプロの方」であること。そして応募作品は掲載に至らなかった原稿や、企画会議を通らなかったネームが対象です。
 応募があった作品は、双葉社の編集者が講評し、採用の場合は担当編集者がつき、打ち合わせのうえ連載スタート。不採用の場合でも各作品最低3人の編集者の講評が届けられます。
 なお、応募形態は原稿でもネームでもどちらでも可能ですが、応募方法がメールに限られるためアナログ原稿・ネームの場合にはスキャンする必要があります。応募方法の詳細については、双葉社公式ホームページに掲載されています。
【「プロのためのセカンドオピニオン」からコミック化した作品】
・カワセミさんの釣りごはん:匡乃下キヨマサ

・アミグダラ:永田一由

・空日屋:とりのなん子

情報提供:双葉社

#プロ #マンガ #双葉社 #2019年 #連載


マンガの“ボツ企画”よみがえらせます 双葉社「プロのためのセカンドオピニオン」の第3回が開催