アニメ「とある科学の超電磁砲T」最終話、御坂妹(CV:ささきのぞみ)と婚后光子(CV:寿美菜子)の初交流がエモい

 9月25日より順次放送中のアニメ「とある科学の超電磁砲(レールガン)T」最終話で、御坂妹(CV:ささきのぞみ)と婚后光子(CV:寿美菜子)が初めて交流した。


 アニメ「とある科学の超電磁砲」は、鎌池和馬氏による人気ライトノベル「とある魔術の禁書目録」シリーズに登場するキャラクター・御坂美琴(CV:佐藤利奈)を主人公としたスピンオフ作品。2009年から第1期が放送され、今回の「とある科学の超電磁砲T」は第3期にあたる。

 御坂妹は、美琴(CV:佐藤利奈)の遺伝子情報をもとに作成された軍用クローンで、発電系能力“欠陥電気(レディオノイズ)”の持ち主だ。一方の婚后光子は、美琴の同級生で、かつて“大覇星祭編”において事件に巻き込まれた御坂妹を救うため活躍した。最終話「私の、大切な友達」では、御坂妹と婚后の出会いが描かれた。美琴が御坂妹を「自分の妹だ」と紹介する展開や、婚后が御坂妹を“いっちゃん”と呼ぶシーンもあった。

 御坂妹と婚后が友情を育む様子に、思わず胸が熱くなった視聴者も多かったようだ。Twitter上では「やり取りがエモすぎた」「なかなか面白い組合せ」「妹の嬉しそうな表情も凄く良き…」「あんなの泣いちゃう」「凄く感動的だった…」といった声が上がっていた。

第25話「私の、大切な友達」
【あらすじ】

『魂の憑依』のカラクリを暴き、飛行船の上で『ドッペルゲンガー』と対峙する美琴。魂を持たない存在として生まれたことへの絶望と、人間への復讐を口にする『ドッペルゲンガー』は自らの似姿を造り出して美琴を襲う。しかし美琴はその攻撃がブラフであること、そして『ドッペルゲンガー』の真の目的に気付いていた。美琴の言葉を拒絶し、飛行船とともに落ちていく『ドッペルゲンガー』。その先には、操歯と、研究所所長の姿があった。美琴の口から告げられる『ドッペルゲンガー』の真実を前に崩れ落ちる所長に、操歯はこの実験を続けることはできないと告げる——。

(C)2018 鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA/PROJECT-RAILGUN T

#アニメ #のぞみ #交流 #エモい #ライトノベル


アニメ「とある科学の超電磁砲T」最終話、御坂妹(CV:ささきのぞみ)と婚后光子(CV:寿美菜子)の初交流がエモい