声優・花江夏樹が「おはスタ」MC卒業を発表!ファンからは感謝の声「本当にお疲れ様でした」

 声優の #花江夏樹 が、2016年から務めてきた平日朝の子供向けバラエティ番組「おはスタ」のMCを、10月2日の生放送をもって卒業することを発表した。花江のTwitterには、感謝やねぎらいの声が続々と寄せられている。
 花江は大ヒットを記録したアニメ「鬼滅の刃」の主人公・竈門炭治郎役のほか、さまざまな作品で活躍する人気声優。2016年4月には、自身が尊敬する声優・ #山寺宏一 の後任として「おはスタ」のMCに就任。子供たちの朝の顔として、“はなちゃん”の愛称で親しまれてきた。


 9月25日の同番組の生放送中に、MC卒業を発表した花江。その後Twitterを更新し、「10月2日(金)をもちまして #おはスタ MCを卒業することになりました! 5年半ありがとうございました!」と感謝を添えてあらためて卒業を報告した。

 花江のツイートは4万件を超える「いいね」を記録し、ファンや視聴者からは「本当にお疲れ様でした」「この5年間の1日1日のおはスタが本当に楽しかったです!」「朝が憂鬱でどんよりした気持ちな時も花ちゃんの笑顔を見たら、よし!がんばろう!って思えました!」「7歳の娘がはなちゃん大好きで、毎朝学校へ行く用意を急いでしてテレビに向かっていました」「毎朝淋しくなるけどめっちゃ応援してます!」といったリプライが殺到。また花江が9月20日に「双子の女の子が産まれました」と報告していたことを受けて、「家族の時間を大切にしたいってはなちゃんの気持ちすっごく素敵」「新米パパとして奥さんや娘ちゃん達との時間を大切にしながらお仕事頑張ってください!」などの声も寄せられていた。

 「おはスタ」卒業にあたり、「憧れの大先輩、山寺さんのあとを受け継ぎ、おはスタという歴史ある番組を担当することは緊張の連続でした。そんな中でも番組を楽しみながら、1日1日の生放送をとにかく大切にしてきました」とコメントした花江。さらに「今年でMCを担当して5年、そして30歳という一つの節目を迎え、自分としてもまた新しい事に挑戦したい気持ちや、本業の声優業に、より力を入れていきたい気持ち、そして、家族との時間を大切にしたいという気持ちが強く芽生えてきました。そんな自分の気持ちを周りの方々に汲み取っていただき、今回、おはスタのMCを卒業させていただくことになりました」と卒業に至った経緯を語っている。

#声優 #おはスタ #花江夏樹 #卒業 #子供


声優・花江夏樹が「おはスタ」MC卒業を発表!ファンからは感謝の声「本当にお疲れ様でした」