マイクロソフトのクラウドゲーミングサービス「xCloud」が2021年上半期に日本でもサービスイン。スマホで最新ゲームがプレイ可能

 東京ゲームショウ 2020 オンラインで放送されたマイクロソフトのイベント「Xbox Tokyo Game Show Showcase 2020」にて、マイクロソフトのゲーミングエグゼクティブバイスプレジデントであるフィル・スペンサー氏が、2021年上半期に日本でクラウドゲーミングサービスを開始することを発表した。

 2020年9月15日に世界のいくつかの国で「Xbox Game Pass Ultimate」加入者向けにテストとしてサービスが始まった「xCloud」が、来年日本でもこのサービスが利用できるようになる。

(画像はYouTube「Xbox Tokyo Game Show Showcase 2020」より)

 xCloudはマイクロソフトが提供するクラウドゲーミングサービスだ。クラウドゲーミングサービスとは、動画配信技術を応用してゲームを遊ぶサービス。ゲームの処理のほとんどはサーバー側で行うため、プレイヤーはスマートフォンやタブレットでも最新のゲームが楽しめるのが特徴だ。

 マイクロソフトはxCloudをXbox Game Pass Ultimate加入者に向けて追加料金不要で提供する。現時点で『Halo』シリーズ、『Grounded』、『Forza Horizo​​n 4』などのXbox Game Studiosタイトルや、『Destiny 2』、『NieR:Automata』などのサードパーティ製ゲームが総勢150本以上が遊び放題だ。詳しいリストは公式サイトを確認して欲しい。

 Xbox Game Pass Ultimateは月額1100円。日本でxCloudがサービスインすれば、1100円払えばxCloudに加えてXbox Live Goldのすべての特典、100本以上のPC、Xboxコンソールのゲームが遊び放題になり、2020年後半にはEAのゲームが遊び放題になる「EA Play」も追加料金無しで追加される。

 xCloudがついに日本にもやってくる。2021年とのみ表現されているので、来年のどのタイミングで追加されるかは不明だ。マイクロソフトの続報に期待したい。

Xbox公式サイトはこちら

ライター/古嶋誉幸

#マイクロソフト #スマホ #Xbox #東京ゲームショウ #オンライン


マイクロソフトのクラウドゲーミングサービス「xCloud」が2021年上半期に日本でもサービスイン。スマホで最新ゲームがプレイ可能