アニメ『BEASTARS』新入生・ピナ役に梶裕貴「誰の心も“ザワッ”とさせる男」

 来年1月に放送されるテレビアニメ『BEASTARS』第2期の追加キャストが24日、発表された。演劇部の役者チームに突如抜てきされた謎の新入生・ピナ役(ドールビッグホーン)を #梶裕貴 が担当する。

 ピナは、高等部1年の華やかで容姿端麗なプレイボーイで、典型的なナルシストで人を惹きつける才能はピカイチ。入部1日目にして演劇部は大荒れ模様となり、美男で自然と周りを翻弄してしまうピナの姿が第2期で描かれる。

 梶は「アニメ化が発表される前から好きな漫画だった『BEASTARS』。個人的に、久しぶりに泣いたタイトルでもありました。そんな作品に、ピナというすてきな役で参加させていただけることを、とてもうれしく思います。きっと、誰の心も“ザワッ”とさせる男、ピナ。(笑)でも、決して憎めない男、ピナ。彼が物語に新しい風を吹かせたように、僕も攻めの姿勢でお芝居させていただきました。登場を楽しみにお待ちください!」と呼びかけた。

 『BEASTARS』は、二足歩行の肉食動物と草食動物が共生する世界を舞台に、全寮制の学校に通う擬人化された動物たちが織りなす群像劇。原作漫画が『週刊少年チャンピオン』にて連載中で、『マンガ大賞2018』なども受賞した人気作品で、昨年アニメ第1期が放送された。

 第2期は、シシ組を軸としたストーリーが展開。肉食獣であることを受け入れ、ハルのために強くなると誓ったレゴシに、新たな危機が忍び寄る。

#アニメ #BEASTARS #梶裕貴 #演劇 #キャスト


アニメ『BEASTARS』新入生・ピナ役に梶裕貴「誰の心も“ザワッ”とさせる男」