スマブラ風2D格ゲー『Rivals of Aether』のスイッチ版が9月24日発売。Definitive EditionとしてDLC、すべての新要素がひとつのセットに

 ゲームデザイナーのDan Fornace氏はスマブラ風2D格闘ゲーム『Rivals of Aether』Definitive Editionのニンテンドースイッチ版を9月24日に配信すると発表した。Definitive Editionはゲーム本体やゲストキャラクターのDLC、すべての新要素がひとつのセットになったもので、値段は3000円となっている。

 本作は、火・水・風・土のエレメントをそれぞれ操る動物のキャラクターで戦う2D格闘ゲーム。『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズの影響を強く受けており、操作やシステムもそれに近いものとなっている。12体のオリジナルキャラクターに加え、『ショベルナイト』からは「ショベルナイト」、『オリとくらやみの森』からは「オリ」と「セイン」がゲスト参戦している。

 今回発表されたDefinitive Editionでは、オンライン機能が大幅にアップグレード。プレイ可能人数が2人から4人へと増加し、2体2のチーム戦や4人で戦うデスマッチを楽しむことができる。また「アビス 対戦モード」や「アビス エンドレスモード」、新しく追加されたバレーボール風ゲームの「テザーボール」もオンライン機能に対応する。

 以下、公式サイトの引用となっているので確認していただきたい。

『Rivals of Aether』公式サイトはこちら

私たちの開発状況を見守り続けてくれたみなさんには、本当に感謝しています。開発がどのように進んでいたのか、なぜここまで開発に時間がかかったのか気になる方は、プロジェクトリーダーのDan Fornaceが書いたこちらのmedium記事をどうぞ(英語)。

「Rivals of Aether 」のDefinitive Editionではたくさんのコンテンツを楽しむことができます。これまでにリリースされた全キャラクターに加え、新たに開発した機能やモードなどの新要素がバンドルとなって実装されます。ゲーム本体やゲストキャラクターのDLC、そしてすべての新要素がひとつのセットになったDefinitive Editionは、3,000円で購入することができます。
Steam上ですでに「Rivals of Aether 」を所有している場合、無料で自動的にDefinitive Editionへとアップグレードされます。
Game Features

12体のオリジナルキャラクターに加え、インディーゲームからはショベルナイトやオリとセインがゲスト参戦。エレメントの力を自在に扱うキャラクターを操作して、「ストーリーモード」でエーテル大陸に起きた混乱の謎を解き明かしたり、フレンドと協力して影の軍勢が襲い来る「アビスモード」を攻略したり、オンライン対戦で世界中のプレイヤーと戦ったりしましょう。
New Modes
「Rivals of Aether 」のDefinitive Editionではアビスモードのアップデートに加え、「テザーボール」というスポーツ風の新モードが登場します。キャラクターを操作して対戦相手やボールを攻撃し、ビーチの王者を目指しましょう!
Upgraded Online Mode

またDefinitive Editionでは、オンライン機能が大幅にアップグレードされます。プレイ可能人数が2人から4人へと増加し、2体2のチーム戦や4人で戦うデスマッチを楽しむことができます。また「アビス 対戦モード」や「アビス エンドレスモード」、「テザーボール」もオンライン機能に対応します。
Unlockable Milestones

Definitive Editionでは「マイルストーンシステム」と呼ばれる新しい機能が実装されます。特定の条件をクリアすると、特別な報酬をアンロックすることができます。内容についてより詳しく知りたい方は、こちらの動画をどうぞ(英語)。
Infamous Skins

Steam上でゲームをすでに所有している場合、9月24日にDefinitive Editionへと自動的にアップグレードされます。DLCキャラクターを購入している場合は、限定スキン「Infamous Skin」をそのキャラクターで使うことができます。「Infamous Skin」の見た目が気に入った、だけどまだ「Rivals of Aether」を所有していないという人は、ぜひ9月24日までに購入してください! Definitive Editionリリース後にこのスキンを入手する手段はありません。現在、Switch版では「Infamous Skin」は購入できません。
Steam Workshop
そしてSteam版をプレイしているみなさん向けにうれしいニュースです。Steam ワークショップがベータテストを終了し、「Rivals of Aether」の正式コンテンツとして実装されます。またWorkshop Skinという新機能では、キャラクターの見た目だけを変更するベーシックスキンと、見た目と実際のゲームプレイを変更するアドバンススキンが追加されます。現在、Switch版はSteam ワークショップに対応していません。

「Rivals of Aether」Definitive EditionはSwitchとSteam向けに9月24日より配信を開始します。コミュニティの一員としてサポートし続けてくれたみなさん、本当にありがとうございます。そしてSwitch版から「Rivals of Aether」をプレイし始めるみなさん、私たちのコミュニティにようこそ!

文/tnhr

#発売 #格闘ゲーム #ニンテンドースイッチ #値段


スマブラ風2D格ゲー『Rivals of Aether』のスイッチ版が9月24日発売。Definitive EditionとしてDLC、すべての新要素がひとつのセットに