『Cuphead』とファストフードチェーンArby’sのコラボセットの販売が発表。キャラクターを模したディスクランチャーやペーパークラフトがセットに

 アメリカのファストフードチェーンArby’sは『Cuphead』とコラボしたキッズメニューとセットのおもちゃを販売することを発表した。

 Arby’sは一般のファストフードチェーンとは違い、ローストビーフを挟んだ「ローストビーフサンドイッチ」を看板商品としている。1981年に日本にも店舗を進出させたが、現在では全て撤退。今回の商品も残念ながら、販売はアメリカ3300店舗とカナダ85店舗での限定となっている。

 プレスリリースを掲載した業界ニュースメディア「INSPIRE」によれば、今回のコラボではカップヘッド、マグマン、ミス・チャリス、エルダー・ケトルなどをフィーチャーしたコレクションを約12週間にわたって展開されるという。

 キッズメニューを注文するたびに、キャラクターを模したディスクランチャー型のおもちゃや、ボスキャラクターのペパークラフトの中から8種類の中からひとつを獲得することができる。
 また、それぞれのおもちゃにはArby’sの『Cuphead』専用アプリで使用できる、「Cuphead face filters」というコードが付属しているそうだ。

 ゲームはもちろんのこと、キャラクターの人気も高くNetflixでオリジナルアニメが配信されることが決まっている『Cuphead』。今回のコラボのおもちゃも何らかの形で獲得してみたいものだ。

Arby’s公式サイトはこちら

『Cuphead』公式サイトはこちら

文/tnhr

#コラボ #キャラクター #アメリカ #ローストビーフ #おもちゃ


『Cuphead』とファストフードチェーンArby’sのコラボセットの販売が発表。キャラクターを模したディスクランチャーやペーパークラフトがセットに