『鷹の爪』カレンダー120万円分“爆買い”で自分主人公のアニメ制作 担当者「実際に買われたら困る」

 10月からTVアニメが放送される『秘密結社 鷹の爪』シリーズのグッズとして2011年から販売されている恒例「鷹の爪島根自虐カレンダー」の2021年版が14日、発売された。今回も作者・FROGMANゆかりの島根県をイジりまくりつつ、山陰出身のアーティスト・Official髭男dismもイラストになって登場するなどスタイリッシュな仕上がりに。さらに、“爆買い”してくれた人には、自分を主人公にしたオリジナルアニメを制作してくれる太っ腹すぎる特典も発表された。

 このカレンダーは、こんなにいじっちゃっていいの?と心配になるほど島根の「ご当地自虐」ネタでデザインされているアイテム。第1弾が発売された2011年には、直後から日本テレビ系『月曜から夜ふかし』や『スッキリ!!』、フジテレビ系『とくダネ!』に取り上げられ、3000部売れたら大ヒットと言われているカレンダー業界の中で、2014年は3万6000部を完売。その後も毎年新作が発売され、累計約10万部以上の人気シリーズへと成長を遂げた。

 21年版のカレンダーは、スタイリッシュなデザインで実用的。でも自虐の質は時事ネタを取り入れて更にパワーアップしている。

 さらに、カレンダー1000部(総額120万円※税抜)を購入すると、購入者を主人公にしたオリジナルアニメ(3分程度)がついてくるという前代未聞のこの企画も決定。担当者は、「ノリで決めたので実際に買われたら困る」とコメント。実際に注文すると、100部入りの大きなダンボールが10箱届くことになり、購入者の懐と部屋の広さが試される企画となっている(販売期間は11月15日まで)。

#カレンダー #爆買い #主人公 #アニメ #島根


『鷹の爪』カレンダー120万円分“爆買い”で自分主人公のアニメ制作 担当者「実際に買われたら困る」