『スーパーマリオ64』の有名バグ「BLJ」を日本人が「ケツワープ」と呼んでいる──「実用的で直感的だ」と海外で注目集まる

 先日9月5日、『スーパーマリオ 3Dコレクション』に収録されている『スーパーマリオ64』で、リアルタイムアタック(以下、RTA)におけるとあるテクニックが使えるかどうかを吟味するRTA界隈の動向が話題となったが、このニュースが海外で意外な拡散をみせた。『スーパーマリオ64』の「後方ロングジャンプ」(Backwards Long Jump、BLJ)のことを日本人が「ケツワープ」と呼んでいることが、海外で驚きをもって受け止められつつある。

 きっかけとなったのは、『モンスターハンタークロス』、『テイルズ オブ ベルセリア』などを手掛けたことがあるという日英ゲーム翻訳者のTom Jamesさん。このTom Jamesさんが、「『スーパーマリオ64』の後方ロングジャンプの技術は、日本語では「ass warp」と呼ばれているもので、正直に言って、はるかに実用的で直感的なものだと今日知りました」とツイート。これが海外では拡散されており、記事執筆時点では5000リツイートを超えている。

(画像はTwitter@RTAlaboinfoより)

 今回のツイートに対して、海外の人からは「笑った」、「これからはケツワープと呼ぼう」、「任天堂がバグを修正した真の理由」などと反応が寄せられている。

 なお海外では「後方ロングジャンプ」(Backwards Long Jump)のことを「BLJ」と略している。一見して「BLJ」のほうが言いやすそうだが、「ケツワープ」のほうが「BLJ」を1音節だけ省略している指摘もでている。とはいえ、BLJも象徴的な言葉なので、この言葉がなくなることはなさそうだ。

ライター/福山幸司

#スーパーマリオ #海外 #バグ #直感 #動向


『スーパーマリオ64』の有名バグ「BLJ」を日本人が「ケツワープ」と呼んでいる──「実用的で直感的だ」と海外で注目集まる