ミュージシャンが『あつまれ どうぶつの森』を使いミュージックビデオを再現。エレクトロ・ポップ・デュオ「シルヴァン・エッソ」の最新シングルのMVをゲームでリメイク

 アメリカのエレクトロ・ポップ・デュオ「シルヴァン・エッソ」が、最新シングル「Ferris Wheel」のミュージックビデオ(以下、MV)を『あつまれ どうぶつの森』で再現した動画を公開した。

 オリジナルのMVは7月に公開されたが、今回はそれを『あつまれ どうぶつの森』で再現されたもので、可愛らしいビデオになっている。「Ferris Wheel」は2020年9月25日発売予定のアルバム「Free Love」に収録予定だ。

(画像はYouTube「Sylvan Esso – Ferris Wheel (Animal Crossing Music Video)」より)

 シルヴァン・エッソは2013年に結成された男女2人のエレクトロ・ポップ・デュオ。『あつまれ どうぶつの森』をMVに採用することからも分かるとおりゲーム好きのようで、シルヴァン・エッソという名前はiOSなどで発売されたアドベンチャーゲーム『スキタイのムスメ:音響的冒剣劇』から引用しているという。

 『あつまれ どうぶつの森』をMVに利用するのはシルヴァン・エッソが初めてではない。たとえばポップシンガーソングライターのサッド・アレックス氏は、5月に「Hypotheticals」のMVに利用している。

 ほかにも、3月にはDJ・プロデューサーのポーター・ロビンソン氏が『あつまれ どうぶつの森』をイメージしているといわれるMVを公開している。『ダンスダンスレボリューション』をきっかけに作曲活動を始めたという氏は、日本のポップカルチャーファンとしても有名で、A-1 Picturesと協力してアニメを使ったMVを製作したこともある。

 ゲームの映像は一切出てこないが、箱庭のような森の中で釣りをしたり植物に水をやったりと、ゲームをイメージさせる映像が多数挿入されている。ゲームをイメージしたことは公言されていないのであくまで憶測だが、MVを見て判断してみてほしい。

 企業のプロモーション米国での選挙活動にも利用され、トークショーも開催されるなど、ゲームと現実の垣根を越えて愛される『あつまれ どうぶつの森』。はたして、今度はどのようなイベントが起きるだろうか。

ライター/古嶋誉幸

#どうぶつの森 #ミュージックビデオ #ミュージシャン #リメイク #アメリカ


ミュージシャンが『あつまれ どうぶつの森』を使いミュージックビデオを再現。エレクトロ・ポップ・デュオ「シルヴァン・エッソ」の最新シングルのMVをゲームでリメイク