声優・悠木碧の“怪演”に「彼女、お借りします」原作者も驚愕「そこにいる感がすごい」「一人だけ演技がおかしい」

 7月から放送開始となったアニメ「彼女、お借りします」。パッとしない大学生と、全てが完璧な“レンタル彼女”を中心に描くラブコメ作品だ。主人公・木ノ下和也が借りたパーフェクト美人・水原千鶴、その後に出会う元気いっぱいの美少女・更科瑠夏、超内気な美少女・桜沢墨と、男性ファンなら目移りしそうなキャラクターばかりだが、異彩を放つのが唯一の“リアル彼女”七海麻美。この麻美を演じるのが人気声優・ #悠木碧 だ。オーディション用のデモテープが送られてきた際、原作者・宮島礼吏氏をはじめ、スタッフ一同が驚愕した演技があったというが、その真相とは…。


 もともとは子役として芸能界入りした悠木。小学生のころに「キノの旅」のさくら役で声優業をスタートさせた。その後、多数の代表作があり、音楽活動も展開。イラストも得意で、独特なキャラクターとともに多岐に渡って活躍している。

 アニメ業界にいる人であれば、誰もが知るような存在ではあるが、作品に起用されるのは知名度以上に、抜群の存在感を誇る演技にあるという。「彼女、お借りします」では、麻美役を演じているが、ほんの数秒のデモテープだけでスタッフの耳をつかんで離さなかった。

 宮島礼吏氏(以下、宮島氏)

 悠木さんのテープが送られてきた時に「麻美はこの人だ」と(笑)僕がそう思っていたら、スタッフみんな同じことを思っていたんですよね。一人だけ演技がおかしいんですよ(笑)役作りがとにかくすごいんです。

 和也の元カノ・麻美は、かわいらしいキャラクターでもありつつ、粘着質だったり裏で悪態をついたりと、いわゆる“闇属性”の持ち主でもある。

 宮島氏

 みなさんが悪女の部分を演じたんですが、それはそれでとてもうまいんです。だけど悠木さんだけ生々しさというか「そこにいる感」がすごいんです。セリフは同じなのに、なんで一人だけこうなるのかと。あれは本当にすごいですね。

 何か特別な機材を使って収録したわけでもなければ、セリフにも違いはない。同じ題材で勝負するからこそ、声優としての力量がもろに出る。

 宮島氏

 間の取り方がすごいと思うんですよ。マイクに向かって数秒の間にセリフを言わなきゃいけないと思ったら、その数秒間をどう使うかを考えるじゃないですか。でも悠木さんは、たとえば2秒の時間を、最初の1秒で何も言わずに、残り1秒でバババって言うとかをする。こういうのをされると「おおー!」って翻弄されるわけです。

 実生活において、2秒という時間を意識して会話することは、まずない。アニメであっても、その2秒が用意されているものではなく、たまたま切り取ったところがそうだったように聞こえれば、リアリティは格段に上がる。2秒分のセリフを2秒かけるのではなく、1秒考えて思いついたことを1秒で一気に話した、という演技。これが「生々しさ」の正体だ。

 宮島氏

 たとえば50ページの漫画があったとして、何ページ目で主人公が出てきて、どこで目的が立って、というようにペース配分が決まるわけです。それが30ページまでは何も起こさないで、ラスト20ページでバババって起こすということもあるんですが、それってかなりアーティスティックなことなんですよ。頭でっかちになればなるほど難しくなることです。みんなが悠木さんがいいって思うんだから、すごいですよね。僕もそんな作家になりたいですよ(笑)

 声の演技でも漫画でも、「余白」を作るには勇気がいること。それを見事にやってのける悠木の演技。「彼女、お借りします」で聞かれる、生々しさ溢れるその声にゾクゾクするファンが大量発生しそうだ。

(C) 宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

#声優 #悠木碧 #美少女 #アニメ #レンタル


声優・悠木碧の“怪演”に「彼女、お借りします」原作者も驚愕「そこにいる感がすごい」「一人だけ演技がおかしい」