『リングフィット アドベンチャー』がゲームとフィットネスを両立させたデザインに至るまで。プロトタイプ映像も公開【CEDEC2020レポート】

 新型コロナウイルスの影響で初のオンライン開催となった「CEDEC」が9月2日(水)から4日(金)までの日程で開催されている。最終日となる4日には、コロナによる巣ごもり需要の増大により大きな注目を浴びた任天堂の『リングフィット アドベンチャー』の講演が多数行われた。
 本稿では『リングフィット アドベンチャー』のプロデューサーを務めた河本浩一氏と、ディレクターの松永浩志氏による「〜混ぜるな危険!〜ゲームとフィットネスを両立させるゲームデザイン〜」をレポートする。

取材・文/早川清一朗


なぜ、ゲームとフィットネスを混ぜる?

 発売から1年近くが経っても売れ続けているという近年まれにみるヒット作だが、冒頭に河本氏は『リングフィット アドベンチャー』開発については、自分の運動嫌いが大きな理由になっていると語ってくれた。長年身体を動かさずに延々とネットを観たり、ゲームをしたりしているうちに、気づけば血の巡りが悪くなり、筋肉が衰え代わりに贅肉が付いてしまったので、「これ、ゲームでなんとかできないかな……?」と考えたのが動機とのこと。そ
 こで思いついたのが「ゲームとフィットネスを混ぜて運動不足をなんとかしたい」というアイデアだったが、これは非常に甘い考えだったと、本音を吐露する場面も。

 過去、任天堂では『Wii Fit』シリーズですでにゲームとフィットネスの融合を達成している。そこに新たな要素を加えなければ意味が無いと考えた河本氏は、フィットネスとRPGの融合を模索し始める。

 RPGを選択した理由は、河本氏がRPG好きということの他にも、「やったことを経験値として貯められる」「現実の体は変化しにくいが、ゲームの中でならすぐにレベルアップして強くなれる」「ストーリーやアイテムなどで変化を出せるのでフィットネスを長く続けてもらいやすい」など、運動を数値化してキャラクターに反映することにより疑似的な成長を行い達成感を得やすくすることが可能となっている上、継続したプレイのための変化をしやすいという理由があったとのこと。

『リングフィット アドベンチャー』のプロトタイプ画面

 こうして開発がスタートした『リングフィット アドベンチャー』だったが、プロトタイプの画面を見ても分かる通り、当初はよりファンタジーRPG寄りの仕様となっていた。

 モンスターとの戦闘方法も、ひたすら殴るだけのシンプルなもの。タイトルの魅力を高めるためには、さらにフィットネスの種類を増やす必要があった。

フィットネスの種類を増やす

 フィットネスの種類を増やそうとした際に立ちはだかったのがJoy-Conの両手持ち操作だ。運動の際に不便な上に、立木のポーズや足上げ腹筋、スクワットなど脚部の動きを認識できないという問題があった。

 ここで考案されたのがバンドによる固定形式。当初は左腕と左太ももに固定することになっており、現在でも左太もも部分はそのまま使われている。
 これでフィットネスやゲームの種類を大幅に増やせることになったが、この時点ではまだフィットネスといいながら体に負荷をかけた運動ができておらず、ゲームとしても過去の体感ゲームを越えたものにはなっていなかったそうだ。そうして頭を悩ませていたとき、ハード開発チームから、ある提案が行われた。

円形の特殊なコントローラー「リングコン」は、ソフト開発チームにとって救世主となった

 それが『リングフィット アドベンチャー』の最大の特徴と言える「リングコン」だった。力の入れ具合が見た目でわかり、上半身に無理なく負荷をかけられる。さらには前代未聞の曲がるコントローラという大きなインパクトもあった。これにより今まで滞っていた多くの問題が解決した、と河本氏は語る。

キツい運動をゲームの中に取り込むための工夫

 しかしながら、ソフト開発はその後も困難を極めたとのこと。特に、当初はゲーム内の運動は軽くて負荷が少ない形になっており、キツい運動は「道場」という形式で別枠として用意されていた。テストプレイした方の中からは「運動にならない」という声もあがり、「キツい運動をゲームの中に取り込むにはどうすればいいのか」という試行錯誤が始まった。

 そこで、当初はファンタジー寄りだった画面を、フィットネスツールであるとプレイヤーに認識してもらえるよう、大幅なリニューアルが行われた。ファンタジーの本編をフィットネス・プログラムとして1モード化し、よりシンプルなフィットネスである「シンプル」を追加、よりフィットネスソフトとしての性格を強くしていったという。

 また、スクワットのたびにリングくんがボイスで多数のボイスで応援してくれるようにした点も、よりユーザーのやる気を刺激することにつながった。

 さまざまな改良を行い対策を練り、ゲームとフィットネスを混ぜずに両立させた『リングフィット アドベンチャー』だったが、開発時点では未知の領域であり、プレイしながら確かめていくしかない状況での試行錯誤が続いていた。

 講演のさらに詳しい内容については、追って本稿に追記してお伝えするのでご期待いただきたい。

『リングフィット アドベンチャー』公式サイトはこちら「CEDEC 2020」公式サイトはこちら

#フィット #リング #デザイン #新型コロナウイルス #影響


『リングフィット アドベンチャー』がゲームとフィットネスを両立させたデザインに至るまで。プロトタイプ映像も公開【CEDEC2020レポート】