熱すぎる異能バトルADV『シルヴァリオ ヴェンデッタ』『シルヴァリオ トリニティ 』がSteamで発売開始。負け犬主人公が織り成す熱き逆転劇

 有限会社アレスは、アドベンチャーゲーム『シルヴァリオ ヴェンデッタ -Verse of Orpheus-』リンク)と、その続編『シルヴァリオ トリニティ -Beyond the Horiozon-』リンク)の販売をSteamで開始した。価格はそれぞれ6800円。

 また各種バンドルが期間限定でセール販売されており、すでにSteamで発売されている第3作目であり完結篇『シルヴァリオ ラグナロク』と2作がセットになったバンドルが10200円、『シルヴァリオ ラグナロク』をすでに所持しているユーザー向けの1、2作目のバンドルが3400円で購入できる。

(画像は公式サイト『シルヴァリオ ヴェンデッタ -Verse of Orpheus-』公式サイトより)

 『シルヴァリオ』シリーズは、アレスが運営するPCゲームブランドlightが手掛けた異能バトルを題材にしたアドベンチャーゲーム。もともと18禁向け美少女ノベルゲームであり、第一作『シルヴァリオ ヴェンデッタ』は2015年に発売された。その後、一般向けに新シナリオを追加した『シルヴァリオ ヴェンデッタ -Verse of Orpheus-』がPS VitaとPCで2016年に展開されている。

 なお第3作『シルヴァリオ ラグナロク』だけはPS Vitaで展開しておらず、Steamで発売しているものは、年齢制限を下げてPCで発売していた『シルヴァリオ ラグナロク E-15版』の移植版となる。Steamでも成人向けに指定されているので、対象年齢でログインしていないとコンテンツ・フィルターとして表示がされないので、注意が必要だ。

(画像は公式サイト『シルヴァリオ ヴェンデッタ -Verse of Orpheus-』公式サイトより)
(画像は公式サイト『シルヴァリオ ヴェンデッタ -Verse of Orpheus-』公式サイトより)
(画像は公式サイト『シルヴァリオ ヴェンデッタ -Verse of Orpheus-』公式サイトより)

 『シルヴァリオ トリニティ -Beyond the Horiozon-』の舞台は、大破壊カタストロフを境に旧西暦と区分されてから、およそ十世紀の世界。金なし、職なし、やる気なしという脱走兵ゼファー・コールレインが、軍事帝国アドラーから存在を身を隠しながら、妹ミリィと暮らしていた。実は星辰奏者<エスペラント>という異能力なのだが、極端に自己評価が低い。そのような負け犬の主人公が、再び戦いに巻き込まれ、逆転劇を繰り広げるストーリーとなっている。

 第2作目『シルヴァリオ トリニティ -Beyond the Horiozon-』では、主人公アシュレイ・ホライゾンに代わっており、前作から8年後が舞台。『シルヴァリオ ラグナロク』ではさらにその1年後が舞台で、ラグナ・ニーズホッグが新主人公となっている。これらのシリーズがどのように繋がるのか、個性豊かなキャラクターたちが織り成す熱いストーリーは、ユーザーにも好評だ。三部作を一気にプレイすると壮大な物語を体験できるだろう。

 帝国が支配している世界観を背景に、熱い異能バトルが繰り広げられるバトルものという設定が琴線に触れるなら、今回のSteamでの発売を機にプレイしてみてはいかがだろうか。

Steam 『シルヴァリオ ヴェンデッタ-Verse of Orpheus-』ストアページ
Steam 『シルヴァリオ トリニティ-Beyond the Horizon-』ストアページ

ライター/福山幸司

#Steam #発売 #主人公 #セール


熱すぎる異能バトルADV『シルヴァリオ ヴェンデッタ』『シルヴァリオ トリニティ 』がSteamで発売開始。負け犬主人公が織り成す熱き逆転劇