『スーパーマリオブラザーズ』35周年を記念した特別Direct公開。『GAME&WATCH スーパーマリオブラザーズ』やバトロワゲーム『スーパーマリオブラザーズ35』など新作発表

 任天堂はYouTubeにて「スーパーマリオブラザーズ35周年 Direct」を公開。多数の『スーパーマリオ』作品や記念イベントを公開した。また、35周年を記念した公式Twitterアカウントも開設。

 発表された新作は以下の通り。詳細は追ってお伝えする。

GAME&WATCH スーパーマリオブラザーズ

 2020年11月13日発売、価格は4980円。

 懐かしの『ゲーム&ウオッチ』に『スーパーマリオブラザーズ』や『スーパーマリオブラザーズ2』、『ゲーム&ウオッチ』の初代タイトル『ボール』などを詰め込んた小型ゲーム機。
 もちろん、ゲームを遊ばないときは時計としても機能する。35周年ということで、35種類の小さな秘密のイベントが入った「マリオ時計」。

スーパーマリオ3Dワールド+フューリーワールド

 2021年2月12日発売。2013年にWii Uで発売された作品のNintendo Switch移植作。

 2013年にWii Uで発売された作品のNintendo Switch移植作。性能が異なるマリオ、ルイージ、ピーチ、キノピオをコースごとに選んで、ひとりでも最大4人でも遊べる。オンラインマルチプレイにも対応。
 コースの途中でアイテムを手に入れ、「ネコ」や「分身」などさまざまな姿に変身。姿に応じた能力を使ってゴールを目指す。

 Nintendo Switchへの移植にあたり、謎の「フューリーワールド」が追加。全く謎の存在で、今後続報が届けられるという。

スーパーマリオブラザーズ35

 『スーパーマリオブラザーズ』を35人で同時プレイ。最後のひとりになるまでコースを走り続けるバトルロイヤル。Nintendo Switchオンライン加入者向けに、2020年10月1日から2021年3月31日まで期間限定で配信。

マリオカート ライブ ホームサーキット

 2020年10月16日発売。価格は「マリオセット」・「ルイージセット」で各9980円。

 カメラが付いた無線操縦するカートと、AR技術を駆使したリアル『マリオカート』。カメラを通して見える風景をNintendo Switchに表示し、自宅でレースが楽しめる。Switchとカートを持ち寄れば、最大4人まで同時にレース可能だ。

 アイテムの「ダッシュキノコ」を使うとカートがダッシュしたり、コースに潜む「パックンフラワー」に食べられるとカートがストップしたりと、Nintendo Switchのゲーム内で起きたことがそのまま現実のカートにも連動。自宅の風景がそのまま『マリオカート』のコースに変身する。

スーパーマリオ3Dコレクション

 9月18日発売(期間限定生産)、価格は6480円。また、パッケージ版は2021年3月末までの期間限定生産、ダウンロード版は2021年3月31日までの期間限定販売となる。

 『スーパーマリオ64』、『スーパーマリオサンシャイン』、『スーパーマリオギャラクシー』を一本にまとめたコレクション。本日よりニンテンドーeショップで予約スタート。

 3タイトル合計175曲のサウンドトラックをゲーム内に収録。ゲーム画面を消しながら音楽を流す「画面オフ再生」にも対応し、携帯ミュージックプレイヤーとしても利用できる。

スーパーマリオブラザーズ35周年 Direct 公式サイトはこちら

#スーパーマリオ #スーパーマリオブラザーズ #新作 #任天堂 #YouTube


『スーパーマリオブラザーズ』35周年を記念した特別Direct公開。『GAME&WATCH スーパーマリオブラザーズ』やバトロワゲーム『スーパーマリオブラザーズ35』など新作発表