小山剛志が代理MCで“夜あそび”に登場!安元洋貴と予測不可能の「〇〇ラムネ」で悶絶!?

 テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は、「アニメLIVEチャンネル」において、2020年8月31日(月)の夜10時から夜11時30分にわたり、『声優と夜あそび 月【安元洋貴×仲村宗悟】 #12』を配信した。本配信では、仲村が8月いっぱいの自宅待機となったことを受け、 #小山剛志 が代理MCとして出演。さまざまなシチュエーションに合った声優を挙げる「夜あそび総研」や、さまざまな“おもしろラムネ”を飲み比べる「ファイナルサマー夜あそび」、オプションルールを加えた“しりとり”で対決を行なう「ちょい足ししりとり」、月曜恒例の「Re:味深」などのコーナーを行なった。

小山剛志と“〇〇ラムネ”を飲み比べ!

 本配信では、仲村が新型コロナウィルスの感染拡大防止のため8月いっぱい自宅待機となったため、小山剛志が代理MCとして出演。仲村はオープニングに自宅からリモートで出演し、「今日はTwitterで実況しながら、視聴者の目線で楽しみたいです!」と元気な姿を見せた。

 配信内では「ファイナルサマー 夜あそび」と題したコーナーを実施。夏も終わりに近づいてきたということで、まだやり残している“夏らしいこと”に挑戦。小山も「今年は近所を散歩したくらい」と、夏を楽しむことはできていない様子。そんな小山と安元の2人で“ラムネの飲み比べ”を行なっていく。大阪にあるラムネ生産量日本一のメーカー『ハタ鉱泉』が発売しているラムネから、スタッフが8種類を厳選。ラベルを隠したまま味を確かめ、中身を当てていった。

 まず2人が選んだのは茶色のラムネ。一口飲んで「なんだこれ……」「ドクターペッパーかな?」と話し合う2人。正解は某有名商品に味をよせた“コーラ味のラムネ”であり、安元は「遊び心があるやつなんだ」と感心。しかし、続く黄色のラムネを飲んだ2人は「うわぁ……なんだこれ!」「味わったことがないな、これ!」と悶絶。ギブアップしてカバーを外してみると、そこには“フライドポテト”のイラストが。

 小山さんが「ちょっと口直ししよう!」と赤いラムネを指定し、安元も「これは甘そう……」と同意。しかし、期待を込めて一口飲んだところで「あっ!」「やっちまいましたよ……」とかつてない衝撃にのけぞった。「ニンニクや大根みたいな香りがする……」という小山がカバーを外すと、そこには燦然と輝く“キムチラムネ”の文字が。思わず「キムチって!」とツッコミを入れた小山。

 さらにブルーベリー味やコーンポタージュ風、抹茶風、タコ焼き風のラムネを飲む2人。数々の初体験に動揺を隠せない様子だったが、安元は「値段もそう高くないし、学生がお土産で買っていくには丁度いいですね」と人気に納得。小山も「確かに笑いはとれる!」と頷きます。そして2人は揃って「キムチだけはやめておけ!」と、かつてない衝撃の体験であったことを語った。

 また、番組後半では2020年の9月19日(土)と20日(日)に開催される『おれパラPRESENTS ORE!!SUMMER 2020』にも参加する岩田光央がゲストに出演することも発表された。

#小山剛志 #ラムネ #声優 #アニメ #チャンネル


小山剛志が代理MCで“夜あそび”に登場!安元洋貴と予測不可能の「〇〇ラムネ」で悶絶!?