滅びゆく世界を舟で旅するアドベンチャー『ファー:ローン・セイルズ』のiOS版・Android版は2020年第4四半期に発売へ

 ドイツのパブリッシャー(販売元)であるMixtvisionは、スイス・チューリッヒに拠点を置くOkomotiveが開発するアドベンチャーゲーム『FAR: Lone Sails(ファー:ローン・セイルズ)』において、iOS版およびAndroid版を2020年第4四半期に発売すると発表した。価格は3.99ドルで、すでに海外のApp StoreGoogle Playでは予約購入受付が開始されている。

(画像はSteam『FAR: Lone Sails』より)

 『FAR: Lone Sails』はポストアポカリプス(終末もの)の要素を含む作品で、PlayStation 4Xbox OneNintendo Switch、PC(SteamGOG.comHumble Store)へ向けて配信されている。プレイヤーは栄華を誇った文明の痕跡を辿りながら、自分以外に生きているひとを探すため、干上がった海を進んでいく。

 冒険を共にする船は拾い集めた世界中のジャンクを燃料としており、メンテナンスやアップグレードを繰り返しながら困難を乗り越えていく。ただし、旅の途中では船が通れない場所にも突き当たるため、船から降りて船を通す方法を見つけなければならない。

 なお、8月13日(木)から16日(日)に開催された「RTA in Japan Online 2020」では、HOS1NO氏による本作のリアルタイムアタック(RTA)が披露されているので、本作に興味があればこちらもチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

#ドイツ


滅びゆく世界を舟で旅するアドベンチャー『ファー:ローン・セイルズ』のiOS版・Android版は2020年第4四半期に発売へ